使わなくなった参考書買取キャンペーン

福岡市職員採用試験 論文の過去問|効果的な対策3ステップ

こんにちは、江本( @emotokomin)です。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

本記事では、福岡市職員採用試験(上級)の「論文」をテーマに書いていきます。

✓想定読者

  • 論文のテーマが知りたい人
  • 論文が苦手な人

記事を読むことで、論文の傾向や対策の仕方が分かりますよ。

すぐに論文対策をスタートできるので、参考にしてください。

関連記事福岡市職員採用試験 倍率半減でねらい目!?合格への道

福岡市職員採用試験 論文のテーマ

福岡市役所 論文の過去問

  • 2019年(令和元年度)
  • 2018年(平成30年度)

出題されたテーマをまとめています。

2019年(令和元年度)

行政事務

福岡市では、「人生100年時代」の到来を見据えて、保健医療という分野から、誰もが健康で自分らしく生き続けられる持続可能な社会システムをつくる100のアクション「福岡100」に取り組んでいます。そこで、あなたの考える「福岡100」のアイデアを1つ挙げ、それを実現するための具体的な取り組みとその効果について述べなさい。

消防

大手飲食チェーン店がプラスチック製ストローの使用を取りやめるなど、使い捨てプラスチック削減の動きが世界中で広がっています。このような動きが起こっている背景と、循環型社会を実現していくために行政が取り組むべきことについて、あなたの考えを述べなさい。

2018年(平成30年度)

行政事務

福岡市では、IoTやAI等の先端技術に関する民間事業者の提案等を受け入れ、支援するワンストップ窓口「mirai@」(ミライアット)を設置しました。このようなICTの分野に限らず、先進的な民間のノウハウの提案や支援の申し入れがしやすい環境を行政が整備することで、どのような効果が期待されるか、あなたの考えを述べなさい。

消防

2020年、国内では長野以来となるオリンピックが東京で開催されます。また、福岡市においても、2019年にはラグビーワールドカップ、2021年には世界水泳選手権が開催される予定です。世界的なスポーツ大会を国内で開催することにおける課題及び国や地域にもたらす効果・影響について、あなたの考えを述べなさい。

まずはテーマをもとに書いてみましょう。

そのうえで、添削を受けて練習を重ねましょう!

なお、2017年より前の出題テーマを「福岡市職員採用試験 論文の情報まとめ」で公開しています。

福岡市職員採用試験 論文の傾向

福岡市役所 論文の傾向

  • 試験時間
  • 文字数
  • 評価の観点

傾向をまとめています。

傾向①:試験時間

試験時間は90分です。

対策をするときに、時間配分を意識するようにしましょう。

  • テーマの把握:10分
  • 書く:75分
  • 見直し:5分

これくらいの配分がおすすめです。

何度か書いていくうちに確認しましょう。

傾向②:文字数

文字数は1,200字が上限となっています。

書くときは、1,000字程度を目安に書くようにしましょう。

800字を下回ると、減点される可能性が高いです。

文字数も何度か書いていくうちに適当な文字数がわかるはず。

そのために練習は必須ですね。

傾向③:評価

論文は、次の6項目で評価されます。

  • 理解力
  • 問題意識
  • 独自性(自分の考え・意見)
  • 論理性
  • 構成力
  • 表現力

ただ、文字数を埋めるだけでは、評価をもらえません。

そのために、添削を受けて自分の弱点を知るようにしましょう。

福岡市職員採用試験 論文の対策法

福岡市役所 論文の対策

論文を攻略するための、3ステップを解説します。

  • 「型」の取得
  • テーマの把握
  • 添削

それぞれ見ていきましょう。

ステップ①:「型」の取得

論文には、「型」があります。

一般的な「型」といえば、起承転結ですね。

小学校から習っているので、馴染みがあると思います。

しかし、論文試験では、起承転結は使いません。

むしろ、起承転結で書くことで評価が下がってしまいますよ。

「型」が分からない人は「公務員試験 無敵の論文メソッド」を読んで、書き方を取得することがポイントです。

CHECK IT

ステップ②:テーマの把握

「型」が分かったら、実際のテーマを使って、書いていきましょう。

「型」を分かっていても、実際に書けないと意味がないからです。

このとき、時間を計って書けるといいですね。

なお、論文のテーマは「福岡市職員採用試験 論文の情報まとめ」で公開しています。

ステップ③:添削

最後は、書いた論文を添削してもらいましょう。

自分で書けているかどうかの判断ができないからです。

  • 予備校
  • 大学の就職課
  • キャリアコンサルタント

利用できるサービスをフル活用しましょう。

僕のおすすめは「ココナラ 」です。

低価格でクオリティが高いため、検討してみるといいですよ。

この3ステップを踏まえることで、論文を攻略することが可能。

ただし、時間がかかるので苦手なら早めに手をつけたほうがいいですよ。

関連記事公務員試験 論文添削が必要な3つの理由【安く受ける方法あり】

福岡市職員採用試験 論文まとめ

本記事では、福岡市職員採用試験の論文をまとめていました。

論文の配点は高くないけど、一番対策が難しい試験です。

論文が書けずに不合格になる人もいるため、苦手な人ははやめに手をつけるべき。

まずはテーマを把握して、どうすれば書けるようになるのか戦略を立てていきましょう。

福岡市の過去問はこちら

論文のテーマを見る