使わなくなった参考書買取キャンペーン

【公務員】兵庫県 集団討論のテーマを公開!傾向まとめ

兵庫県庁 集団討論の過去問

本記事では「兵庫県職員 集団討論」をテーマに書いています。

注意

本記事は大学卒業程度(行政A)を対象としています。

集団討論は個人面接を合わせて850点あります。

ここで点数を取ることが合格には必須なので、対策しないといけません。

本記事を参考に傾向や流れを確認していきましょう。

なお、個人面接の情報は「【公務員】兵庫県 配点の60%以上を占める個人面接を攻略する方法」を参考にしてください。

【公務員】兵庫県 集団討論の傾向

集団討論は、「与えられたテーマに対しグループで自分の意見を発表し、他人の意見を聞いて議論する集団試験」です。

面接試験と違って他人の意見に耳を傾けたり、発言を促したりなどリーダー性や態度などが評価対象となります。

  • 発言できない
  • 自分の意見を押し通す
  • 他人の意見を否定する

これらの行為は不合格になるので注意が必要です。

また自分のグループに討論に参加しない(発言しない)人がいた場合、放置することはグループ全体の評価を下げる行為になります。

集団討論の流れ

集団討論の流れは、次のとおり。

  1. 試験開始10分前にテーマが発表
  2. 3分間の考察
  3. その後ひとりずつ意見を発表
  4. 30分間の討論

試験時間は説明など含めて50分,1グループ6人程度で行われます。

【公務員】兵庫県 集団討論の過去問

実際に出題されたテーマの内容です。

1度はテーマ通り練習をするようにしてくださいね。

  • 授業料の無償化を小中学校にとどまらず高校・大学まで範囲を広げることについて賛否を述べよ。
  • 日本が難民を受け入れることについて賛否を述べよ。
  • 救急車利用を有料化することについて賛否を述べよ。
  • 民法の成年18歳への引き下げの是非について。
  • 日本でのベーシックインカムの導入の是非について。
  • 子育て支援など、若年層のための施策の財源を年金支給額の引き下げや医療・介護の自己負担額の引き上げなどにより確保することについて。

【公務員】兵庫県 集団討論まとめ

  • 配点が高い
  • 協力することが大切
  • 集団討論の対策は必須

面接試験の配点は合わせて850点(資格職は750点)あります。

筆記試験が高得点でも、面接試験で点数をとれないと不合格になるため注意が必要です。

とくに討論は1人では対策ができません。積極的に行動して対策できる環境を探しましょう!