使わなくなった参考書買取キャンペーン

【公務員】兵庫県の倍率は?日程や内容を確認しよう!情報まとめ

兵庫県職員 倍率の推移

本記事では「兵庫県職員採用選考試験」をテーマに書いています。

注意

大学卒業程度(6月実施)を対象としています。

兵庫県庁(職員)採用試験とは、兵庫県庁で働く職員を決めるための試験です。

公務員試験とよばれる試験の1つで、多くの受験者が合格を目指して1年くらい勉強しています。

合格するには、日程や内容を知っておかないと効率よく勉強ができません。本記事を参考に情報を確認しましょう!

【公務員】兵庫県 試験日程

採用試験の流れをまとめています。

学習計画を立てるときに逆算して考えることが重要です。必ず把握しておきましょう。

2020年(令和2年度)

近日公開

他自治体の日程を「【2020年度】公務員試験 日程一覧~併願を考えよう!」でまとめています。

また、過去の日程も参考に載せておきます。

2019年(令和元年度)

受付期間 【ネット、郵送】
5月20日~6月3日
1次試験 6月23日(日)
1次試験
合格発表
7月2日(火)
2次試験 7月8日~22日の間で指定された日
2次試験
合格発表
7月31日(水)
3次試験 8月6日~22日の間で指定された日
最終合格発表 8月30日(金)

【公務員】兵庫県 募集職種と採用人数

公務員は事務職の他にも多くの職種があります。

職種 職務内容
一般事務職 本庁または地方機関で行う一般事務
警察事務職 警察本部または警察などで行う一般事務
教育事務職 教育委員会事務局(本庁、地方機関、教育機関)、県立高等学校などで行う一般事務
児童福祉司 こども家庭センター(一時保護所を含む)などで行う児童などの相談、調査、指導、措置などの専門的業務
心理判定員 こども家庭センター(一時保護所を含む)などで行う心理判定などの専門的業務
農学職 本庁、農林(水産)振興事務所、農業改良普及センターなどで行う農業(畜産を含む)の振興に関する専門的業務及び県立農林水産技術総合センターで行う試験研究や技術開発・普及などの専門的業務
林学職 本庁、農林(水産)振興事務所などで行う林業の振興や森林の保全整備に関する専門的業務及び県立農林水産技術総合センターで行う試験研究や技術開発・普及などの専門的業務
水産職 本庁、農林水産振興事務所などで行う水産業の振興に関する専門的業務及び県立農林水産技術総合センターで行う試験研究や技術開発・普及などの専門的業務
環境科学職 本庁、県民局などで行う環境に関する指導、調査、試験研究などの専門的業務
総合土木職 本庁、土木事務所などで行う土木事業(造園など緑化、景観に関する土木事業を含む)など、または本庁、土地改良事務所などで行う土地改良事業などの専門的業務
建築職 本庁、土木事務所などで行う建築指導、設計監督などの専門的業務
機械職 本庁、土木事務所、水道事務所などで行う機械関係の専門的業務
電気職 本庁、土木事務所、水道事務所などで行う電気関係の専門的業務
小中学校事務職 市町組合立小中学校など(神戸市立の小中学校などを除く)で行う一般事務

事務職の他にも多くの職種があることがわかりますね。

それぞれの採用予定人数は次のとおり。

2020年(令和2年度)

2019年(令和元年度)

職種 採用予定人員
一般事務職 84名程度
警察事務職 15名程度
教育事務職 24名程度
児童福祉司 7名程度
心理判定員 4名程度
農学職 13名程度
林学職 4名程度
水産職 3名程度
環境科学職 2名程度
総合土木職 22名程度
建築職 3名程度
機械職 3名程度
電気職 3名程度
小中学校事務職 24名程度

【公務員】兵庫県 年齢制限

兵庫県職員を受験できる年齢に上限があります。

誰でも受験できるわけではないため、注意が必要です。

2020年(令和2年度)

  • 平成5年4月2日~平成11年4月1日までに生まれた人

全国の年齢制限を「公務員試験 年齢が高くても受験できる自治体はどこ?合格できるのか。」でまとめています。

2019年(令和元年度)

  • 平成4年4月2日~平成10年4月1日までに生まれた人

【公務員】兵庫県 給料

新卒で採用されたときの給料(初任給)は次のとおり。

  • 大学院卒:224,051円
  • 大卒:204,796円
  • 短大:197,685円

その他、扶養手当、住居手当、通勤手当、賞与(ボーナス)が支給されます。

【公務員】兵庫県 試験内容

具体的な内容は次のとおり。

1次試験 教養試験
専門試験
論文試験
2次試験 個人面接
適性検査
3次試験 個人面接
集団討論

傾向や対策をするときに、おすすめの記事を紹介します。ぜひ、併せて読んでおきましょう。

教養試験

兵庫県庁 教養試験の傾向【公務員】3分で理解!兵庫県庁 教養試験で合格点を取るポイント

論文試験

兵庫県職員 論文の過去問【公務員】兵庫県 書けなきゃ落ちる!論文試験の傾向を解説します!

個人面接

兵庫県庁 個人面接の内容【公務員】兵庫県 配点の60%以上を占める個人面接を攻略する方法

集団討論

兵庫県庁 集団討論の過去問【公務員】兵庫県 集団討論のテーマを公開!傾向まとめ

【公務員】兵庫県 倍率

職種ごとの倍率と過去の倍率は次のとおり。

2019年(令和元年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
一般事務職 510 106 4.8
警察事務職 48 19 2.5
教育事務職 66 28 2.4
児童福祉司 21 9 2.3
心理判定員 14 5 2.8
農学職 52 15 3.5
林学職 15 5 3.0
水産職 14 4 3.5
環境科学職 13 3 4.3
総合土木職 45 27 1.7
建築職 14 4 3.5
機械職 4 2 2.0
電気職 4 1 4.0
小中学校事務 57 28 2.0

2018年(平成30年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
一般事務職 422 108 3.9
警察事務職 74 17 4.4
教育事務職 107 30 3.6
児童福祉司 20 9 2.2
心理判定員 7 1 7.0
農学職 44 14 3.1
林学職 18 9 2.0
水産職 17 4 4.3
環境科学職 8 4 2.0
総合土木職 59 27 2.2
建築職 9 3 3.0
機械職 5 2 2.5
電気職 9 2 4.5
小中学校事務 57 16 3.6

2017年(平成29年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
一般事務職 538 80 6.7
警察事務職 43 17 2.5
教育事務職 124 29 4.3
児童福祉司 14 6 2.3
心理判定員 13 1 13.0
農学職 44 7 6.3
林学職 25 6 4.2
水産職 8 1 8.0
環境科学職 7 1 7.0
総合土木職 54 23 2.3
建築職 11 6 1.8
機械職 7 1 7.0
電気職 3 1 3.0
小中学校事務 69 18 3.8

2016年(平成28年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
一般事務職 494 92 5.4
警察事務職 56 13 4.3
教育事務職 109 31 3.5
児童福祉司 15 4 3.8
農学職 48 7 6.9
林学職 16 5 3.2
水産職 12 1 12.0
環境科学職 16 2 8.0
総合土木職 56 26 2.2
建築職 17 6 2.8
機械職 10 1 10.0
電気職 5 1 5.0
小中学校事務 80 24 3.3

【公務員】兵庫県まとめ

  • 試験は大卒6月、高卒9月に実施
  • 面接試験の配点が1000点中850点
  • 倍率は上限が激しい

面接試験重視の傾向ですが、まず1次試験を突破しないことにははじまりません。

対策に時間のかかる教養試験の対策を早めに行いましょう!