使わなくなった参考書買取キャンペーン

兵庫県職員採用試験 倍率は上昇傾向!合格に向けた対策ロードマップ

兵庫県職員 倍率

こんにちは、江本( @emotokomin)です。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

本記事では、兵庫県職員採用試験「行政A(大卒程度)」の概要をまとめています。

結論からいうと、倍率は上昇中です!

例えば、一般事務職の倍率推移は次のとおり。

2018年:3.9倍

2020年:5.3倍

久々に5倍を超える結果となっています。

しかし、全国的には低倍率なので、しっかり対策すれば合格は十分できますよ!

概要を把握して、準備をはじめていきましょう!

兵庫県職員採用試験 倍率の推移

兵庫県職員 倍率

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)
  • 2018年(平成30年度)
  • 2017年(平成29年度)
  • 2016年(平成28年度)

職種ごとの倍率と過去の倍率は次のとおり。

2020年(令和2年度)

受験者 合格者 倍率
一般事務職 541 103 5.3
警察事務職 51 11 4.6
教育事務職 65 27 2.4
児童福祉司 22 10 2.2
心理判定員 18 4 3.6
農学職 59 18 3,3
林学職 21 8 2.6
水産職 15 5 3.0
環境科学職 10 3 3.3
総合土木職 42 32 1.3
建築職 12 6 2.0
機械職 4 2 2.0
電気職 4 3 1.3
小中学校事務 60 25 2.4

関連記事【大卒程度】公務員試験 最新の倍率一覧|推移も公開!

2019年(令和元年度)

受験者 合格者 倍率
一般事務職 510 106 4.8
警察事務職 48 19 2.5
教育事務職 66 28 2.4
児童福祉司 21 9 2.3
心理判定員 14 5 2.8
農学職 52 15 3.5
林学職 15 5 3.0
水産職 14 4 3.5
環境科学職 13 3 4.3
総合土木職 45 27 1.7
建築職 14 4 3.5
機械職 4 2 2.0
電気職 4 1 4.0
小中学校事務 57 28 2.0

2018年(平成30年度)

受験者 合格者 倍率
一般事務職 422 108 3.9
警察事務職 74 17 4.4
教育事務職 107 30 3.6
児童福祉司 20 9 2.2
心理判定員 7 1 7.0
農学職 44 14 3.1
林学職 18 9 2.0
水産職 17 4 4.3
環境科学職 8 4 2.0
総合土木職 59 27 2.2
建築職 9 3 3.0
機械職 5 2 2.5
電気職 9 2 4.5
小中学校事務 57 16 3.6

2017年(平成29年度)

受験者 合格者 倍率
一般事務職 538 80 6.7
警察事務職 43 17 2.5
教育事務職 124 29 4.3
児童福祉司 14 6 2.3
心理判定員 13 1 13.0
農学職 44 7 6.3
林学職 25 6 4.2
水産職 8 1 8.0
環境科学職 7 1 7.0
総合土木職 54 23 2.3
建築職 11 6 1.8
機械職 7 1 7.0
電気職 3 1 3.0
小中学校事務 69 18 3.8

2016年(平成28年度)

受験者 合格者 倍率
一般事務職 494 92 5.4
警察事務職 56 13 4.3
教育事務職 109 31 3.5
児童福祉司 15 4 3.8
農学職 48 7 6.9
林学職 16 5 3.2
水産職 12 1 12.0
環境科学職 16 2 8.0
総合土木職 56 26 2.2
建築職 17 6 2.8
機械職 10 1 10.0
電気職 5 1 5.0
小中学校事務 80 24 3.3

兵庫県職員採用試験 日程

兵庫県職員 日程

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)

採用試験の流れをまとめています。

学習計画を立てるときに逆算して考えることが重要です。

必ず把握しておきましょう。

2020年(令和2年度)

受付期間 【ネット、郵送】
5月11日~27日
1次試験 6月28日(日)
1次試験
合格発表
7月3日
2次試験 7月9日~22日の間で指定された日
2次試験
合格発表
8月4日
3次試験 8月11日~21日の間で指定された日
最終合格発表 8月30日

他自治体の日程を「【2020年度】公務員試験 日程一覧~併願を考えよう!」でまとめています。

2019年(令和元年度)

受付期間 【ネット、郵送】
5月20日~6月3日
1次試験 6月23日(日)
1次試験
合格発表
7月2日(火)
2次試験 7月8日~22日の間で指定された日
2次試験
合格発表
7月31日(水)
3次試験 8月6日~22日の間で指定された日
最終合格発表 8月30日(金)

兵庫県職員採用試験 採用人数

兵庫県職員 採用数

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)

採用予定人数は次のとおり。

2020年(令和2年度)

職種 採用予定人員
一般事務職 83名程度
警察事務職 9名程度
教育事務職 23名程度
児童福祉司 7名程度
心理判定員 4名程度
農学職 16名程度
林学職 5名程度
水産職 4名程度
環境科学職 2名程度
総合土木職 25名程度
建築職 4名程度
機械職 2名程度
電気職 2名程度
小中学校事務職 22名程度

2019年(令和元年度)

職種 採用予定人員
一般事務職 84名程度
警察事務職 15名程度
教育事務職 24名程度
児童福祉司 7名程度
心理判定員 4名程度
農学職 13名程度
林学職 4名程度
水産職 3名程度
環境科学職 2名程度
総合土木職 22名程度
建築職 3名程度
機械職 3名程度
電気職 3名程度
小中学校事務職 24名程度

兵庫県職員採用試験 年齢制限

兵庫県職員 年齢

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)

兵庫県職員を受験できる年齢に上限があります。

誰でも受験できるわけではないため、注意が必要です。

2020年(令和2年度)

平成5年4月2日~平成11年4月1日までに生まれた人

全国の年齢制限を「公務員試験 年齢が高くても受験できる自治体はどこ?合格できるのか。」でまとめています。

2019年(令和元年度)

平成4年4月2日~平成10年4月1日までに生まれた人

兵庫県職員採用試験 内容

兵庫県職員 内容

具体的な内容は次のとおり。

1次試験 教養試験
専門試験
論文試験
個人面接
(筆記合格者のみ)
適性検査
(筆記合格者のみ)
2次試験 個人面接
集団討論

傾向や対策をするときに、おすすめの記事を紹介します。

内容①:教養試験

公務員試験と呼ばれる筆記試験。

  • 一般知能
  • 一般知識

この2領域から、55問の出題がありますよ。

事務系職種のみ実施されます。

詳しい傾向は「【公務員】3分で理解!兵庫県庁 教養試験で合格点を取るポイント」をご覧ください。

内容②:専門試験

各職種に必要な大学卒業程度の専門的知識について択一式による筆記試験。

職種ごとの試験科目は、次のとおり。

兵庫県職員 専門試験の傾向

内容③:論文試験

  • 理解力
  • 判断力
  • 独創性
  • 説得力
  • 文章表現力

文章を通して、これらの能力を評価する試験です。

詳しい傾向を「【公務員】兵庫県 書けなきゃ落ちる!論文試験の傾向を解説します!」で解説しています。

内容④:個人面接

  • 一次の筆記試験合格者
  • 二次試験

個人面接は、2回実施されます。

質問に回答することで、コミュニケーション能力や資質を評価する試験。

配点が1番高いため、対策は必須です。

詳しくは「【公務員】兵庫県 配点の60%以上を占める個人面接を攻略する方法」をご覧ください。

内容⑤:集団討論

  • 論理的表現力
  • 協調性
  • 指導性

これらについて評価する集団の人物試験です。

与えられた課題に関し、各自が意見を発表し、議論する必要がありますよ。

詳しくは「【公務員】兵庫県 集団討論のテーマを公開!傾向まとめ」をご覧ください。

兵庫県職員採用試験まとめ

本記事では、兵庫県職員採用試験をまとめていました。

  • 試験は大卒6月、高卒9月に実施
  • 面接試験の配点が1000点中850点
  • 倍率は上限が激しい

面接試験重視の傾向ですが、まず1次試験を突破しないことにははじまりません。

対策に時間のかかる教養試験の対策を早めに行いましょう!