使わなくなった参考書買取キャンペーン

神奈川県職員採用試験 倍率半減で合格チャンス到来!?対策ガイド

神奈川県庁 倍率の推移

悩んでいる人

神奈川県庁で働きたい。倍率はどれくらいなの?

こういった悩みを解決します。

本記事は、神奈川県職員採用試験Ⅰ類(大学卒業程度)をテーマに書いています。

結論からいうと、倍率は激下がり中です。

ここ3年間で半減していますよ!

例えば、行政(事務職)の倍率がこちら。

2018年:6.0倍

2020年:3.2倍

見てのとおりです。

今後も、低倍率で推移すると思われるので、本気で狙う人はチャンスです。

しかし、試験内容が多いため対策は必須。

記事を読むことで「試験の流れから実施状況、試験内容、具体的な傾向まで」知ることができますよ。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

ぜひ、参考にしてください。

神奈川県職員採用試験 倍率

神奈川県庁 倍率

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)
  • 2018年(平成30年度)
  • 2017年(平成29年度)

ここでは最新の倍率から過去の倍率推移までまとめています。

合格の可能性を確かめておくことも大切ですよ。

2020年(令和2年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政 705 217 3.2
警察行政 108 21 5.1
小中学校事務 33 5 6.6
農業 41 9 4.6
森林 25 8 3.1
総合土木 46 28 1.6
建築 9 3 3.0
環境技術 24 6 4.0
機械 9 3 3.0
電気 11 6 1.8
福祉職 38 15 2.5
司書 38 5 7.6
管理栄養士 14 1 14.0
薬剤師 16 5 3.2
獣医師 22 12 1.8
保健師 9 6 1.5

関連記事【大卒程度】公務員試験 最新の倍率一覧|推移も公開!

2019年(令和元年度)

区分 受験者 合格者 倍率
行政 757 187 4.0
警察行政 156 31 5.0
小中学校事務 52 6 8.7
農業 29 8 3.6
森林 22 8 2.8
水産 17 1 17.0
総合土木 31 14 2.2
建築 13 7 1.9
環境技術 36 5 7.2
機械 11 3 3.7
電気 7 0
福祉職 87 30 2.9
司書 54 4 13.5
管理栄養士 20 1 20.0
薬剤師 28 7 4.0
獣医師 28 12 2.3
保健師 26 16 1.6

2018年(平成30年度)

  受験者 合格者 倍率
行政 978 164 6.0
警察行政 56 10 5.6
小中学校事務 177 37 4.8
農業 36 6 6.0
森林 27 5 5.4
水産 28 3 9.3
総合土木 53 13 4.1
建築 16 5 3.2
環境技術 14 2 7.0
機械 6 0
電気 15 4 3.8
福祉職(男) 61 15 4.1
福祉職(女) 49 16 3.1
司書 92 6 15.3
薬剤師 18 6 3.0
獣医師 26 10 2.6
保健師 19 6 3.2

2017年(平成29年度)

  受験者 合格者 倍率
行政 970 198 4.9
警察行政 183 20 9.2
小中学校事務 57 14 4.1
農業 28 5 5.6
森林 26 4 6.5
水産 33 5 6.6
総合土木 54 22 2.5
建築 13 4 3.3
環境技術 27 4 6.8
機械 8 2 4.0
電気 16 7 2.3
福祉職(男) 51 26 2.0
福祉職(女) 45 21 2.1
司書 60 4 15.0
管理栄養士 52 2 26.0
薬剤師 21 7 3.0
獣医師 27 7 3.9
保健師 14 5 2.8

神奈川県職員採用試験 日程

神奈川県庁 日程

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)

ここでは、出願から最終合格までの流れを簡単にまとめています。

神奈川県職員になるには、多くの試験に合格しなければいけません。

まずは日程を確認して計画を立てることが大切です。

2020年(令和2年度)

出願期日 4月27日〜5月11日
一次試験 6月28日
一次試験
合格発表
7月8日
二次試験 7月13日〜8月25日の間で指定された日
最終合格 9月4日

関連記事【2021年度】公務員試験 日程一覧~併願を考えよう!

2019年(令和元年度)

受付期間 4月25日~5月13日
一次試験 6月23日
一次試験
合格発表
7月3日
二次試験 7月8日~8月19日
最終合格 8月30日

神奈川県職員採用試験 採用人数

神奈川県庁 採用数

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)

公務員と聞いて事務職をイメージする人は多いと思います。

実は事務職のほかにも様々な職種があることを知っていますか。

募集される職種と採用予定人数は次のとおり。

2020年(令和2年度)

職種 採用数
行政 110
警察行政 15
小中学校事務 5
農業 7
森林 6
総合土木 31
建築 2
環境技術 4
機械 3
電気 8
福祉職 20
司書 4
管理栄養士 1
薬剤師 4
獣医師 11
保健師 3

大学での専門性を活かした職もあるんですね。

2019年(令和元年度)

職種 採用数
行政 110
警察行政 20
小中学校事務 5
農業 5
森林 6
水産 1
総合土木 20
建築 5
環境技術 4
機械 2
電気 9
福祉職 34
司書 3
管理栄養士 1
薬剤師 4
獣医師 8
保健師 10

神奈川県職員採用試験 年齢制限

神奈川県庁 年齢

  • 2020年(令和2年度)
  • 2019年(令和元年度)

採用試験を受験できる年齢には上限があります。

2020年(令和2年度)

平成2年4月2日〜平成11年4月1日までに生まれた人

👉「公務員試験 年齢が高くても受験できる自治体はどこ?合格できるのか。」で全国の年齢制限をまとめています。

2019年(令和元年度)

平成元年4月2日~平成10年4月1日までに生まれた人

神奈川県職員採用試験 内容

神奈川県庁 内容

試験内容は次のとおり。

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 論文試験
  • 個人面接
  • グループワーク

内容を解説します。

内容①:教養試験

  • 試験時間:120分
  • 問題数:50問

教養試験は「知能分野」と「知識分野」から出題される筆記試験です。

出題50問のうち、知能分野22問は全問必須で、知識分野は28問から18問を選択する形式。

科目数が多く、傾向を理解して対策することが大切です。配点は100点。

👉【公務員】神奈川県庁 教養試験の勉強を楽にする2つの方法を解説!で傾向や勉強法を解説しています。参考にどうぞ!

内容②:専門試験

専門試験は受験する職種によって、内容が異なります。

試験時間120分で、配点は100点。

試験科目は次のとおり。

神奈川県 専門試験の科目

行政職の傾向

神奈川県の専門試験は80問から40問を選択して解答する出題傾向です。

出題科目数は22科目ありすべてを勉強するのは時間があっても足りないですね。

そこで勉強を始める前に科目ごとの出題数を知ったうえで、出題数の多い科目を優先して勉強しましょう。

例えば1番出題がある科目は経済学の15問です。逆に政治学や行政学は2問ずつしか出題がありません。

どちらを勉強すればいいか一目瞭然ですよね。

科目ごとの出題数は、次のとおり。

科目 出題数
憲法 5
民法 7
行政法 6
労働法 2
刑法 2
政治学 2
行政学 2
経済学 15
財政学 2
経営学 2
経済政策 2
経済事情 1
経済史 1
社会学 3
国際関係 4
社会政策 2
心理学 3
教育学 3
統計学 3
数学 5
物理 4
情報工学 4

参考にしてください。

内容③:論文試験

論文は一次試験で実施されますが、採点は二次試験でおこなわれます。

  • 試験時間:90分
  • 文字数:1,200字

試験時間は90分で、字数制限は1,200字以内です。

論文のテーマは時事系要素が強く含まれているため、普段からニュースなどを見て知識をインプットしておくといいでしょう。

内容④:個人面接

神奈川県の個人面接は2回実施されます。

  • 1回目は面接時間15分程度
  • 2回目は30分程度

1回目は経歴や志望動機について軽く聞かれ、2回目でより深く質問がされます。

個人面接は事前に記入する面接カードから主に質問されています。堂々と話せる内容を書くようにしましょう。

個人面接を2回実施する都道府県は、そこまで多くはありません。その中で、神奈川県は2回実施するため、より人物試験重視の選考にシフトしていますね。

配点は250点で、1番高いです。

内容⑤:グループワーク

グループワークは課題についてグループ全員で話合い、協議して考えをまとめる試験です。

最終的にグループの意見を決定して発表するまでが評価されるため話し合いが不十分であったり、話をまとめることができないと評価が低くなります。

グループ試験なので1人だけ頑張っても意味がありません。

MEMO
  • 試験時間:70分
  • 受験者:6〜8人

グループワークは受験者6~8名、試験官4人、試験時間70分で実施。

試験会場で話合うテーマやメモ用紙、発表用のレポートを受けとります。

試験がはじまると1人1分をつかって自己紹介と自分の考えを発表します。受験者全員が意見を発表し終わったら全員で話合います(50分)

意見をまとめたら3分間で発表して終わりです。

試験では司会を決める、書記を決めるなど役割を決めて行うとスムーズに話し合いを進めることができますよ。

もちろん司会をできれば「リーダ性」や「積極性」をアピールできますが、無理にやる必要はないです。自分にできることを最大限にやるようにしましょう。

配点は50点。

グループワークのテーマ(過去問)

  • 18歳までに身につけておいた方がよいことを3点挙げ、優先順位をつけた上でその理由について説明しなさい。
  • 暮らしの満足度を上げるために必要なことは何か、グループで3点挙げ、優先順位をつけた上で、その理由について説明しなさい。

神奈川県職員採用試験まとめ

  • 事務職のほかにも多くの職種がある
  • 日程は6月~
  • 筆記試験や面接試験がある

ひと昔前に比べれば合格しやすい時代になっています。

合格するには多くの試験を突破しないとできません。

少しずつ準備をはじめていきましょう。