使わなくなった参考書買取キャンペーン

【高卒】海上保安学校学生採用試験 個人面接の過去問|対策法を解説

海上保安庁 高卒の面接傾向

高校生

海上保安学校の面接では、どんなことが質問されるの?

こういった悩みを解決します。

本記事では、9月に実施される海上保安学校学生採用試験の「個人面接」をテーマに書いています。

※5月実施の特別枠を受験する人は「海上保安学校学生採用(特別) 面接が不安な人必見!聞かれた内容はこれだ!」をご覧ください。

結論からいうと、次の6テーマに関する質問をされていますよ。

  • 学校生活
  • 自分自身
  • 志望動機・熱意・職業意識
  • 人間関係
  • 一般常識・時事
  • その他

実際に聞かれた内容をまとめています。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

さっそく、まとめていきますね。

関連記事【高卒】海上保安学校学生採用 基礎能力試験の勉強法|2つのポイント

【高卒】海上保安学校学生採用試験 個人面接の質問内容

【高卒】海上保安庁 面接の過去問

こういったツイートをしています。

こんな感じで、サイトを利用した人から情報提供をしてもらっています。

なので、リアルな情報を集めることができていますよ。

これを、あなたにも還元しますね。

質問①:学校生活に関するもの

  • 得意な教科と、その理由を教えてください。
  • 学校生活で努力したことはありますか。
  • 部活動で何を学びましたか。

質問②:自分自身に関するもの

  • 自己PRをしてください。
  • 自分の性格は、どんな性格ですか。
  • 今までの経験で、一番つらかったことは何ですか。

質問③:志望動機・熱意・職業意識に関するもの

  • 海上保安官の仕事で知っていることを言ってください。
  • 第一、第二希望コースの理由を言ってください。
  • 海上保安庁はどのような仕事をしていますか。

質問④:人間関係に関するもの

  • 友達から、どんな人間だと思われていますか。
  • 友人と喧嘩したことはありますか。
  • 年上の人とコミュニケーションをとるうえで気を付けていることはありますか。

質問⑤:一般常識・時事に関するもの

  • 最近の気になるニュースは何ですか。
  • 公務員と民間企業の違いは何ですか。
  • 最近の海上保安庁のニュースで気になったものはありますか。

質問⑥:その他

  • 緊張していますか。
  • あなたの住む町のいいところを教えてください。
  • 会場までどうやって来ましたか。

こういった質問を使って、自分の回答をたくさん準備していきましょう。

なお、「海上保安学校学生採用試験 個人面接の質問リスト」でも多くの質問をまとめています。

海保の過去問はこちら

個人面接の質問内容を見る。

【高卒】海上保安学校学生採用試験 個人面接の傾向

【高卒】海上保安庁 面接の傾向

個人面接は、二次試験に実施されます。

  • 試験時間
  • 面接カード
  • 評価の観点

傾向を解説します。

傾向①:試験時間

面接の時間は、15分~30分となっています。

受験者によって、時間に違いはあるけど、合否には関係ありませんよ。

注意点は、長く話しすぎないことです。

短く、要点を伝える練習をしましょう。

傾向②:面接カード

面接では、事前に提出する面接カードがポイントとなります。

面接官が質問したくなる内容を書くようにしましょう。

内容は次のとおり。

  • 最終学歴
  • 志望動機
  • 今までで印象に残っている体験
  • 関心事項
  • 趣味、特技
  • 好きな学科・得意な分野
  • 自己PR

具体的に、丁寧に書くようにしましょう。

乱雑に書かれた面接カードは印象が悪いです。

関連記事公務員試験 面接カードの書き方【5つのポイントを解説!】

傾向③:評価の観点

面接では、次の5項目について評価されます。

  • 積極性
  • 堅実性
  • 判断力
  • 表現力
  • 態度

これらについてA~Eの5段階で評価します。

なお、D以下の評価がつくと不合格になりますよ。

【高卒】海上保安学校学生採用試験 個人面接の対策

【高卒】海上保安庁 面接の対策

高校生

個人面接の対策って、具体的になにをすればいいの?

面接は、筆記試験と違って対策方法に悩みますよね。

僕も人前で話すのは苦手だったので面接対策には、かなり苦労しました・・・。

結論からいうと、練習あるのみです。

面接が苦手だった僕は、「台本作り」と「話す練習」を徹底してやりこみましたよ。

どんなことをしたのか書いておくので、参考にどうぞ!

対策①:台本作り

面接で重要なことは、分かりやすく伝えることです。

そのためには、伝える情報を分かりやすく考えておくことが必須。

なので、徹底して台本作りをしました。

ただ、台本を作るといっても、何を題材にして作ればいいのか迷いますよね。

そこで、使えるのが過去問です。

僕は、先輩からもらった面接の過去問(質問集)を読み込んで、自分の回答を1つずつ作りこんでいきました。

数にすると117本ほど。

そして、その台本を自然に話せるように、何度も繰り返してつぶやいていましたね。

まるで役者になったように感じです。

海上保安の過去問は「海上保安学校学生採用試験 個人面接の質問リスト」でまとめています。

まずは、これを徹底して読み込み、自分だけの台本を作っていきましょう!

対策②:話す練習

  • 家族
  • 友達
  • 就職サポートセンター

多くの人を巻き込んで、話す練習をしました。

面接で1番ダメなのは、緊張と棒読みです。

なので、緊張しないように多くの人に自分の志望動機や長所などを聞いてもらいました。

自分のことを真面目に話すのって、かなり恥ずかしくて緊張しますよね。

でも、繰り返し話すことで自然に話せるようになりましたよ。

また、台本をそのまま読むだけでは、聞く側からすると面白くありません。

なので、友達や家族へ丁寧に話す感覚で練習すればいいです。

たった、これだけで苦手な面接も対策することができました。

筆記試験と違って、一人だけでは対策に限界がありますから、多くの人の協力を得るようにしましょう。

面接が苦手な人でも、しっかり時間をかけて対策すれば攻略は可能ですよ。

【高卒】海上保安学校学生採用試験 個人面接まとめ

本記事では、海上保安学校学生採用試験(9月)の個人面接をまとめていました。

面接で聞かれることは、次の6つ。

  • 学校生活
  • 自分自身
  • 志望動機・熱意・職業意識
  • 人間関係
  • 一般常識・時事
  • その他

そして、そのネタとなるのが面接カードです。

面接カードは、分かりやすく丁寧に書くようにしましょうね。

また、面接対策は「台本作り」と「話す練習」が必要です。

台本を作るには、過去問を読み込むことが近道。

海上保安学校学生採用試験 個人面接の質問リスト」で過去の質問内容をまとめています。

上手く使って、面接を攻略してください。

海保の過去問はこちら

個人面接の質問内容を見る。