使わなくなった参考書買取キャンペーン

【高卒】裁判所職員採用試験 作文の過去問|テーマの把握が重要!

裁判所職員(高卒) 作文の過去問

高校生

作文試験って、どんなテーマが出ているの?特徴が知りたいです。

こういった悩みを解決します。

  • 作文試験の傾向
  • 出題テーマ

こんな内容を書いていきます。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

作文試験を軽視していると落ちますよ。

筆記試験と違って、すぐに出来るようにならないからです。

傾向を把握して、準備をはじめていきましょう!

関連記事【高卒】裁判所職員 合格するための情報まとめ|傾向と対策を解説

【高卒】裁判所職員採用試験 作文の傾向

裁判所事務官(高卒) 作文の傾向

作文試験は、一次試験に実施されます。

  • 試験時間
  • 文字数

順に解説します。

傾向①:試験時間

試験時間は50分です。

時間配分を意識して、対策しましょう。

  • テーマの把握:5分
  • 実際に書く:40分
  • 見直し:5分

こんな配分がおすすめです。

時間を計りながら、自分にあった配分を身に付けましょう。

傾向②:文字数

文字数制限はありません。

目安は600字前後です。

文字数が少ないと、減点されるので注意が必要。

対策の段階で600字を設定して、書くようにしましょう。

【高卒】裁判所職員採用試験 作文のテーマ

裁判所事務官(高卒) 作文の過去問

  • 2019年(令和元年度)
  • 2018年(平成30年度)
  • 2017年(平成29年度)

書いて練習しましょう!

2019年(令和元年度)

あなたが人と接するうえで大切にしていることについて、具体的に書いてください。

2018年(平成30年度)

あなたが考える「大人」とはについて、具体的に書いてください。

2017年(平成29年度)

インターネットとの関わりについて、具体的に書いてください。

必ず1度は書いてみましょうね。

なお、2008年までのデータを「【過去問】裁判所職員(高卒) 作文試験のテーマ12選」で公開しています。

有益な情報なので、上手く使ってくださいね。

★CHECK NOW★

裁判所の作文テーマを見る

【高卒】裁判所職員採用試験 作文まとめ

本記事は、裁判所職員採用試験(高校卒業程度)の作文をまとめていました。

もう一度、重要なことをいいます。

試験時間は50分。

時間配分に気を付けましょう。

文字数に制限はありません。

600字を目安に書き上げましょう。

裁判所のテーマは、けっこう難しめです。

慣れが必要なので、たくさん書いて練習しましょう!

★CHECK NOW★

裁判所の作文テーマを見る