使わなくなった参考書買取キャンペーン

【高卒】公務員試験 参考書・過去問題集を紹介【おすすめ】

高卒程度 公務員試験の参考書

こんにちは、江本( @emotokomin)です。

本記事では「公務員試験 おすすめの参考書(高校卒業程度)」を紹介していきます。

結論からいうと、参考書・問題集選びは重要です。

なぜなら、参考書の種類は多く、使いやすいものから、使いにくいものまであるから。

使うテキストによっては時間だけかかり、結果として何も身につかないってこともありますよ。

だからこそ、使えるテキストを知って対策する必要があるのです。

記事を読むことで、「どの科目は、何のテキストがいいのか」知ることができますよ!

これから勉強を始める人や使える参考書を探している人におすすめです。

なお、大学卒を受験する方は「2020年 公務員試験 今、買うべきおすすめの参考書|教養試験の決定版!」でまとめています。

関連記事【高卒】公務員試験の勉強法 3つの手順で合格点をとるテクニック

【高卒】公務員試験 おすすめの参考書・過去問題集を紹介

書店には、たくさんの参考書が並んでいます。

「どれが使えるの?」と悩むのは、今日でやめましょう!

これを使っておけば間違いない!という参考書を科目ごとに紹介します。

数的推理でおすすめの参考書・過去問題集

畑中敦子の天下無敵の数的処理! 2 数的推理・資料解釈編

数学が嫌いな人にこそおすすめしたい1冊。

数的推理は「計算問題」を多く含む科目であり、出題数も多いです。しかし、苦手な受験生が多いんですね。

よく考えて解けば、解ける問題もありますが、1問2~3分で解かないと、時間切れになってしまいます。

この「畑中敦子の天下無敵の数的処理! 2 数的推理・資料解釈編」は、方程式を使わずに、裏技や解法パターンで正答を導き出すテクニック本です。

数学が嫌いな受験者のために作られたといってもいいでしょう!

なお、数学が得意な受験者でも短時間で解く方法を知れたりもするので、見ておくといいですよ。

判断推理でおすすめの参考書・過去問題集

畑中敦子の天下無敵の数的処理! 1 判断推理・空間把握編

数的推理と同じ著者が書いている参考書です。

判断推理の多くは、時間をかければ正答することができます。

しかし、出題数が多く、時間をかけすぎると時間切れになってしまいますよね。

この「畑中敦子の天下無敵の数的処理! 1 判断推理・空間把握編」では、解法パターンから時短テクニックまでを学ぶことができます。

判断推理は、この1冊を何度も繰り返して解法パターンを覚えていきましょう。

資料解釈でおすすめの参考書・過去問題集

資料解釈も基本的には数的推理や判断推理と同じで、解法パターンを覚えることが大切です。

覚えることも少ないので、「畑中敦子の天下無敵の数的処理! 2 数的推理・資料解釈編」を使って、ササっと解法を覚えてください。

そして、ここからが大事!

資料解釈は自力で解かないと、実力がつきません。

なので、解法を覚えたら「新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」を使って、1日1問 時間を計って解くようにしましょう。

文章理解でおすすめの参考書・過去問題集

新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈

資料解釈と同じく1日1問、時間を計って文章に慣れる必要があります。

英文が苦手な人は単語の意味が分かれば解ける問題もあるため、併せて単語帳の勉強もしておきましょう。

学校で使ったやつでOK。

社会科学でおすすめの参考書・過去問題集

社会科学は「新・初級スーパー過去問ゼミ 社会科学」がおすすめです。

レジュメ(知識まとめ)→問題→解答の構成で勉強がしやすく、解説が詳しい特徴があります。

しかし、問題数が少ないため「スーパー過去問ゼミ」だけだと厳しいかと

そこで「国家公務員・地方初級(1)政治・経済・社会 2021年度 (オープンセサミシリーズ)」も準備しておくことをおススメします。

国家公務員・地方初級(1)政治・経済・社会 2021年度 (オープンセサミシリーズ)」は分厚い辞書みたいなもので、多くの知識が詰まっています。

ただし、無駄な知識も多いため、「新・初級スーパー過去問ゼミ 社会科学」で覚えた知識の周辺をより深く知るくらいの使い道がベストです。

間違っても、「国家公務員・地方初級(1)政治・経済・社会 2021年度 (オープンセサミシリーズ)」を主体にしては効率が悪いので落ちますよ。収録されている練習問題も無視でOK。

人文科学でおすすめの参考書・過去問題集

人文科学も社会科学と基本的には同じです。

唯一、国語については「オープンセサミ」にまとめられている知識をすべて覚えておきましょう。

覚えれば得点にしやすいですし、サクッと終わらせることができるので。

間違っても日本史や世界史で使うのはアウトです。

自然科学でおすすめの参考書・過去問題集

ありません。

なぜなら、市販のテキストで勉強しても点がとれないからです。

とくに、数学、物理、化学は要注意。

生物、地学だけなら暗記科目なので「新・初級スーパー過去問ゼミ 自然科学 」で対策は可能です。

東京消防庁など、自然科学が多く出る試験の場合、大学受験の基礎講座などがおすすめです。

スタディサプリ」という「オンラインで、安く、そしてコスパのいい」ものもあるので、検討してみてもいいと思いますよ。

・5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題
・小学校〜高校の授業を見れるので、基礎の基礎まで学べる
・低価格

今なら無料で体験できるので、試しに使ってみることをおススメします。

CHECK NOW

「スタディサプリ」14日間無料体験!詳細を見る

高卒公務員 短期間で合格を目指す場合におすすめの参考書・過去問題集

試験まで残り3か月くらいの場合、上記で紹介したテキストを勉強することは難しいかもしれません。

そこで、試験まで残り期間が短い人は下記のテキストがおすすめです。

数的推理、判断推理、資料解釈

これは欠かせません。

時間がなくてでもやるべきテキストです。

一般知識

公務員試験 合格の350シリーズ

受験する先のものは必須として、できれば全シリーズやることをおすすめします。

理由は1シリーズだけだと問題数が少ないからです。

大学受験をイメージすると分かりやすいですが、試験レベルの違いはあるけど、勉強する範囲はあまり変わらないですよね。

公務員試験は過去の類問が出題される

毎年、公務員試験の問題を見ていると、「どこかで見たことある問題だな・・・」と、思うことが多々あります。

例えば、県庁職員の試験で出題された「判断推理の倫理」に関するこの問題。

ある保育園に通っている女の子たちの雨の日の格好について次のことがわかっている。

  • ズボンをはいている子どもは長靴をはいている。
  • 傘をさしている子どもはレインコートをきていない。

このとき「ズボンをはいている子どもは傘をさしていない」と確実にいうために必要なのは、次の内どれか。

  1. ズボンをはいている子どもはレインコートを着ていない
  2. 長靴をはいている子どもは傘をさしている
  3. 長靴をはいている子どもはレインコートを着ている
  4. 傘をさしている子どもは長靴をはいている
  5. レインコートを着ている子どもは長靴をはいていない

三段論法や対偶を使って解く問題ですね。

もう1問見てみましょう。

あるクラスで生徒の得意な運動について調べたところ、次の結果がわかった。このとき確実にいえることはどれか。

  • 野球が得意な生徒は剣道が不得意である
  • 野球が不得意な生徒はサッカーが得意である
  • テニスが不得意な生徒はサッカーか剣道のどちらかが得意である
  1.  サッカーが得意な生徒は野球が得意である
  2.  剣道が得意な生徒は野球もテニスも得意である
  3.  テニスが得意な生徒はサッカーも剣道も不得意である
  4.  サッカーが不得意な生徒は野球もテニスも得意である
  5.  剣道が不得意な生徒は野球かテニスのどちらかが得意である

この問題は裁判所事務官(職員)で出題された問題です。

内容が似ていませんか?

裁判所事務官で出題された問題は少し難しいですが、考え方(解き方)は同じです。

公務員試験も、国家公務員や県職員、警察官などレベルは違うけど、出題される科目や内容は似ています。

だからこそ、違う試験の問題を解くことに意味があるんですね。

時間がなくても、上記をひたすら解いていけば十分点数を取ることは可能ですよ!

時間がなくても、やり方次第で合格は十分可能です。

高卒公務員の参考書・過去問題集をまとめていました。

参考書を選ぶ時間って、かなり無駄ですよね。

本記事を参考にして、サクッと決めちゃいましょう!

関連記事【高卒】公務員 勉強法を解説する!ポイントは過去問を使うことだ