使わなくなった参考書買取キャンペーン

【公務員】京都市 論文は何文字書けばいいの?減点されない書き方を解説!

京都市役所 論文試験の傾向

本記事は「京都市職員採用 論文」をテーマに書いています。

注意

6月実施の試験に関する内容です。

下記ツイートをしました。

論作文も筆記試験と同じように傾向やコツがあります。後回しにする受験者は多いですが、不合格フラグですよ。

相談者

  • 論文の傾向が知りたい
  • 文字数はどれくらい書けばいいの?
  • どんなテーマがでるの?
  • どうやって対策すればいい?

このような悩みや疑問を持っている人におすすめの内容です。ぜひ、ご覧ください!

なお、教養試験の対策は「【公務員】京都市 教養試験の合格点は?3つの手順で勉強を楽にします!」を参考にしてください。

【公務員】京都市 論文の傾向

京都市の論文試験は一次試験に実施されます。

注意

採点は二次試験で行われる。

京都市の論文は「直近5年間」がテーマになっています(詳しくはテーマ参照)。

論文を書くには自己分析が必要なため、面接対策を兼ねて早めに取り掛かるようにしましょう。

基礎情報
  • 試験時間:50分
  • 文字数:600字

京都市の論文は試験時間50分、文字数600字で行われています。

一般的な論文試験が60分で800字なので、やや短いものとなっています。

相談者

文字数はどのくらい書けばいいの?

論作文を書くときに、どれくらいの文字数を書けばいいのか迷いますよね。

一般的に最大字数の90%前後は書く必要があります。

注意

少ないと減点、もしくは評価対象外になる場合もあるので注意しましょう。

京都市の場合、600字ですので、540字前後が目安となります。

【公務員】京都市 論文のテーマ

京都市の論文テーマ(過去問)をまとめています。

2019年(令和元年度)

最近5年間で、他者との関わりの中で自分が成長できたと思えることと、それを活かして、現在取り組んでいること

2018年(平成30年度)

最近5年間で,失敗して最も悔しかったことと,その経験から学んだこと

2017年(平成29年度)

最近5年間で,人との関わりの中で苦労したことと,その経験から学んだこと

2016年(平成28年度)

最近5年間で,最もプレッシャー又はストレスに感じた出来事と,その場面をどのように乗り越え,その経験から何を学んだかについて

2015年(平成27年度)

最近5年間で他者から感謝された経験と,そこから学んだこと

2016年(平成26年度)

最近5年間で,苦手とする事柄に自ら挑戦した経験と,そこから学んだこと

【公務員】京都市 論文の対策

手順1
解答の読み込み

公務員試験 無敵の論文メソッド」を使って、解答例を読み込みます。

 

解答例を読み込むことで、論文の型を知ることができます。

手順2
添削を受ける

型が分かっても、実際に書けるとは限りません。

 

この添削を何回受けるかで、評価は変わると思いましょう。

CHECK IT

論文の書き方

より詳しい方法を「公務員 論文のコツ|書けるための楽々3ステップを解説します!」でまとめています。

公務員試験 論文試験の書き方公務員 論文のコツ|書けるための楽々3ステップを解説します!

【公務員】京都市 論文まとめ

  • 論文は一次試験に実施、採点は二次試験!
  • 文字数の90%は書くように!
  • テーマは直近5年間の出来事
  • 点数を上げるには「型」と「添削」が重要

論文試験を攻略するためには次の3つが大切。

  1. 書き方を知る
  2. 実際に書いてみる
  3. 添削を受ける

とくに「③添削を受ける」はとても重要です。添削を受けることで足りないものが見えてきます。必ず第三者の意見をもらうようにしましょう。

公務員試験 論文試験の書き方公務員 論文のコツ|書けるための楽々3ステップを解説します!