使わなくなった参考書買取キャンペーン

名古屋市職員採用試験 教養の過去問|具体的な勉強法を解説

名古屋市役所 教養の過去問

こんにちは、江本( @emotokomin)です。

本記事では「名古屋市職員採用 教養試験」をテーマに情報を公開しています。

注意
本データは大卒程度です。高卒ではありません。

記事を読むことで、下記のような疑問を解決することができますよ!

  • 名古屋市の教養試験って、何がでるの?
  • 合格点ってどれくらい?
  • どうやって勉強したらいいの?

「これから勉強をはじめる人」「勉強で悩んでいる人」におすすめです。ぜひ、参考にしてみてください。

名古屋市職員 教養試験の傾向

名古屋市役所 教養試験の傾向

名古屋市職員採用の教養試験は一次試験に全区分で実施されます。

  • 試験科目
  • 出題形式
  • 合格点

順番に見ていきましょう。

傾向①:試験科目

試験科目は、専門試験の有無で異なります。

それぞれで出題される試験科目は次のとおり。

専門試験がない(行政一般、学校事務、消防など)

一般知能 一般知識
社会科学 人文科学 自然科学
数的推理 政治 日本史 数学
判断推理 経済 世界史 物理
資料解釈 社会・時事 地理 化学
文章理解 生物
地学

この他、名古屋市に関する問題も出題されていますよ。

専門試験がある(経済、法律、土木など)

一般知能 一般知識
社会科学
数的推理 政治
判断推理 経済
資料解釈 社会・時事
文章理解

この他、名古屋市に関する問題も出題されていますよ。

専門試験がある分、教養はコンパクトになっていますね。

傾向②:出題形式

  • 試験時間
  • 出題数

専門試験の有無によって、異なっていますよ!

次のとおり。

行政一般
学校事務
消防
経済
法律
その他区分
試験時間 150分 90分
問題数 50問 30問

出題は5つの選択肢から1つを選択して解答します。

解答形式は全問マークシート。

傾向③:合格点(ボーダー)

教養試験のボーダーラインは公表されていないため、正確なデータはありません。

しかし、受験した方から提供してもらったデータを見る感じ68点~70点が目安となります。

注意

問題や解答は非公表なので、あくまで自己採点によるもの。

なお、専門試験がある区分(法律や経済など)は専門試験の配点が高く、合格率も70%を超えているため60点付近でも合格できています。

難易度

名古屋市の難易度は高めです。

なぜなら、一般知能の比重が大きく、時事問題の出題が多いからです。

私立文系大学の受験者が多いため、一般知能の対策に苦労するはずです。逆に一般知能が得意な人は楽に感じるでしょう。

とにかく、一般知能の攻略が合格するためには必須な自治体です。

名古屋市職員 教養試験の過去問

名古屋市役所 教養試験の過去問

名古屋市の過去問は公開されていません。

なぜなら、問題は当日に回収されるからです。なので、名古屋市の完全な過去問はないのです。

詳しくは「公務員試験 過去問を手に入れる2つの方法」を読んでみてください。

注意

ここで公開している問題は受験した方から情報提供してもらったものです。なので、ところどころ不明な部分もあります。

2020年(令和2年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

2019年(令和元年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

名古屋市職員 教養試験の対策法

名古屋市役所 教養試験の勉強法

教養試験の対策は次の2ステップで攻略できます。

  1. 科目の優先順位を決める
  2. 過去問集を使って勉強

それぞれ見ていきましょう。

対策①:科目ごとの出題数

科目ごとに出題数は決まっているので、多い順に攻略することがポイントです。

科目ごとの出題数は次のとおり。

科目 専門なし 専門あり
数的推理 7 4
判断推理 9 5
資料解釈 1 1
文章理解 8 4
政治 6 5
経済 4 4
社会 4 6
日本史 2
世界史 2
地理 1
数学 1
物理 1
化学 1
生物 1
地学 1
ご当地

優先すべきは、「数的推理」「判断推理」「社会科学」あたりですね。

対策②:過去問集を使って勉強

試験の基本は暗記です。

理論も必要なく、ひたすら知識をインプットすれば正答できる科目ばかりなので、いきなり過去問集を使って勉強しましょう。

いきなり過去問を使う理由は次の2つ。

  • 似た問題がでるから
  • 出る分野がわかるから

似た分野が出る

公務員の教養は試験によって多少の変化はありますが、基本的に同じ分野から出題されます。

なので、国家一般職で出ていた問題が翌年度に市役所で出題されるってことはよくありますよ。

つまり、試験によって出題内容に違いはないので、過去問を使って勉強することが効果的です。

出る分野がわかる

公務員試験は範囲が広いので勉強がしにくいです。

それなのに参考書を使って勉強することに意味があるでしょうか?

ないですよね。

過去問は出題された問題のまとめ本みたいなものなので、出題分野によって問題数にばらつきがあります。

つまり、問題数が多い=頻出分野ってわかりますよね。

頻出分野に沿って勉強することで、負担を減らすことができます。

なお、過去問集の使い方や効果的な暗記方法を知りたい方は「公務員試験で60点以上を取るための勉強法|復習がポイントです。」を参考にしてみてください。

対策③:使えるテキストを紹介

【2021年度】公務員試験 おすすめの参考書・過去問題集【1冊でOK】」で使えるテキストを紹介しています。

数が多すぎて、何を使えばいいのか悩んでいる人は参考にどうぞ!

名古屋市職員 教養試験のまとめ

  • 試験は独自スタイル
  • 出題数の多い順に勉強する
  • 受験区分を早めに決める

筆記試験の点数は600点あります。

全体に占める割合は高くはありませんが、高得点が取れると楽になりますよ。