使わなくなった参考書買取キャンペーン

国立大学法人等職員採用 倍率は低下傾向|情報まとめ

国立大学法人の情報をまとめています。

相談者

国立大学の事務職員になりたいけど、採用試験っていつあるの?倍率とか高いのかな?

国立大学法人等職員採用試験は、簡単にいえば国立大学や高等専門学校(高専)の事務職員になるための試験です。

先にいっておきますが、国立大学法人等職員は公務員ではありません

そのため経営難や学生不足などによって廃校、職を失う危険性があります。

しかし待遇や給料は公務員にならって支給されるため、準公務員という位置づけです。

そのため、公務員試験の対策が必要となるので注意しましょう。

まずは試験日や倍率などを把握してくださいね。

本記事は「国立大学法人等職員採用」の試験概要をまとめています。

ちなみに、この記事を書いている僕(江本)は大学のキャリア支援課で公務員の指導をして6年目。その経験から記事を書いています。

江本

▼公務員試験に本気で合格したい方へ▼

公務員試験に本気で合格したい人へ

国立大学法人等職員採用 試験の概要

大学のセンター試験を受験したことはありますか?

なぜ、突然こんな話をするかというと国立大学法人等職員採用試験の流れはセンター試験と似ているからです。

センター試験の流れは「出願」→「共通1次試験」→「大学ごとに2次試験」→合格ですよね。

国立大学法人等職員採用試験の選考スケジュールも同じです。詳しくみると、次の通り。

STEP1
出願

まずは受験するブロックを決めましょう。

国立大学法人等職員採用試験は7つのブロックに分かれて試験があります。

  1. 北海道ブロック
  2. 東北ブロック
  3. 関東甲信越ブロック
  4. 東海北陸ブロック
  5. 近畿ブロック
  6. 中四国ブロック
  7. 九州ブロック

自分が希望する地区や大学法人があるブロックに出願をしましょう。

例えば千葉大学の職員になりたければ「関東甲信越ブロック」へ、神戸大学の職員になりたかったら「近畿ブロック」に出願する感じです。

江本

STEP2
1次試験

1次試験は全国同じ日程、問題を使って実施されます。

この試験によって受験者の3分の1くらいに人数を絞ります

STEP3
機関訪問

1次試験の合格発表後に各国立大学、高等専門学校等が個別に就職説明会を実施します。

ここでエントリー方法や選考内容を教えてもらいます。

一次試験(筆記試験)は全国統一日に実施されますが、二次試験は各大学・機関ごとに選考を行うことを覚えておきましょう。

STEP4
2次試験

2次試験は各機関で実施されます。

そのため機関訪問で試験日の確認やエントリー方法を確認しておく必要があります。

1次試験に合格しても自分で行動しなければ面接の案内はほぼこないため注意しましょう。

国立大学法人等職員採用 年齢制限(受験資格)

2020年(令和2年度)

2019年(令和元年度)

年齢要件 1989年4月2日以降に生まれた者

2018年(平成30年度)

年齢要件 1988年4月2日以降に生まれた者

国立大学法人等職員採用 募集区分

区分
事務職 事務
図書
技術職 電気
機械
土木
建築
化学
物理
電子
資源工学
農学
林学
生物・生命科学

国立大学法人等職員採用 試験日程

受付期間 5月15日~5月29日
一次試験 7月7日
一次試験
合格発表
7月25日
二次試験 7月26日~(注1)
最終合格 8月下旬~(注2)

注1、2)各法人による

国立大学法人等職員採用 給料(初任給)

国立大学の給料は国家公務員などと同じく本給表(下記図参照)に合わせて支給されます。

参考:名古屋大学給与規定

だいたい新卒で採用されたら1級25号くらいからスタートします。

表で見ると187,000円が初任給ということです(法人によって異なる)。

給料が上がる査定も毎年行われており、勤務業績によって0~5の間で級が上がるわけですね。

普通に勤務していれば平均3つは上がるため、3年後の給料はだいたい下記のとおりになります。

22歳(新卒次) 23歳(1年目) 24歳(2年目) 25歳(3年目)
1級25号 1級28号 1級31号 1級34号
180,700円 185,700円 190,700円 195,400円

これがベースとなり賞与(ボーナス)や交通費、住居手当などが別途支給されます。

国立大学法人等職員採用 試験内容

試験は公務員試験と同じものが実施されます。

合格するには勉強が必要なので準備をはじめましょう。

国立大学法人等職員採用 一次試験の内容

内容 詳細
教養試験 社会、人文及び自然に関する一般知識並びに文章理解、判断推理、数的推理及び資料解釈に関する一般知能(大学卒業程度) 多肢選択式による筆記試験。傾向や勉強法が知りたいなら国立大学法人等職員 教養の効率的な勉強法|重要科目はこれだ!をチェック。

国立大学法人等職員採用 二次試験の内容

内容 詳細
面接試験 個人面接や集団討論など大学法人ごとに独自の試験を実施。主な傾向や質問内容が知りたいなら国立大学法人等職員採用 面接に関する傾向まとめをチェック。

国立大学法人等職員採用 倍率(実施状況)

2017年(平成29年度)以降の倍率をまとめています。

国立大学法人等職員採用 2019年(令和元年度)の倍率

ブロック 申込数 一次
合格者
一次
倍率
採用
予定
最終倍率
(予想)
北海道 1211 480 2.5 43 11.2
東北 1914 555 3.4 56 9.9
関東 8998 1401 6.4 162 8.6
東海 3241 1131 2.9 89 12.7
近畿 3330 731 4.6 51 14.3
中四国 2612 1069 2.4 91 11.7
九州 5052 1301 3.9 89 14.6

国立大学法人等職員採用 2018年(平成30年度)の倍率

ブロック 申込数 一次
合格者
一次
倍率
採用
予定
最終倍率
(予想)
北海道 1249 477 2.6 40 11.9
東北 2183 538 4.1 34 15.8
関東 9949 1369 7.3 76 18.0
東海 3279 1307 2.5 48 27.2
近畿 4052 742 5.5 28 26.5
中四国 2702 1129 2.4 49 23.0
九州 5263 1478 3.6 59 25.1

国立大学法人等職員採用 2017年(平成29年度)の倍率

ブロック 申込数 一次
合格者
一次
倍率
採用
予定
最終倍率
(予想)
北海道 1420 499 2.8 40 12.5
東北 2243 497 4.5 34 14.6
関東 10877 1366 8.0 76 18.0
東海 3598 1488 2.4 48 31.0
近畿 3830 758 5.1 28 27.1
中四国 2810 788 3.6 49 16.1
九州 5495 856 6.4 59 14.5

国立大学法人等職員採用まとめ

  • 採用は大学・機関ごとにおこなう
  • 試験はブロックで、統一実施
  • 実質の倍率はすごく高い

国立大学法人等職員採用試験の難易度は高いです。

なぜなら1次試験に合格できても最終合格できるのは一部だけだからです。

そういった意味では2次試験が本番ということを覚えておきましょう。

大学法人職員の教養試験傾向について国立大学法人等職員 教養の効率的な勉強法|重要科目はこれだ! 国立大学法人の面接に関する情報です。国立大学法人等職員採用 面接に関する傾向まとめ