使わなくなった参考書買取キャンペーン

【1分で分かる】警察官採用試験の科目|大卒と高卒の違いも解説!

警察官採用試験の科目一覧

相談者

警察官採用試験では、筆記試験があると聞きました!どんな科目が出るのでしょうか。大卒と高卒の違いも知りたいです。

このような質問を解決できる記事を書きました!

本記事では「警察官採用試験の科目」をテーマに書いていきます。

✔︎主な内容

  • 警察官採用試験の科目
  • 大卒と高卒での違い

これから警察官を目指す方向けの内容です。

関連記事【傾向と対策】警察官になる方法!合格に必要な情報を徹底解説!

警察官 採用試験の科目は3種類

警察官採用試験の科目一覧

警察官の試験科目は、次の3種類あります。

  • 一般知能科目
  • 一般知識科目
  • 漢字テスト

1つずつ解説していきますね。

科目①:一般知能科目

一般知能科目は、計算問題や文章読解を中心とした科目のことです。

主に4つの科目で構成されています!

  • 数的推理
  • 判断推理
  • 資料解釈
  • 文章理解
MEMO

自治体によって、表記が違う場合もありますよ!

✔︎警視庁

〈知能分野〉 文章理解、判断推理、数的処理、資料解釈、図形判断

 

✔︎神奈川県警

文章理解(英文を含む。)、判断推理(言語、非言語)、数的処理、資料解釈

内容は同じです!

「え?図形判断って何?」

「判断推理(言語、非言語)って何だ?」

みたいに焦る必要はないですよ!

特徴

一般知能科目で点数を取れないと落ちます。

理由がこちら。

  • 1科目あたりの出題数が多い
  • 苦手な受験者が多い

出題数が多いのに、点数が取れないとは?

普通に考えて落ちますよね・・・。

優先して勉強しましょう!

関連記事【まとめ】公務員試験で捨てたら不合格!一般知能の重要性を解説します。

科目②:一般知識科目

一般知識科目は、あなたが高校までに勉強してきた科目のことです。

出題科目は次の3分野。

  • 社会科学:政治、経済、社会、倫理
  • 人文科学:日本史、世界史、地理、国語
  • 自然科学:数学、物理、化学、生物、地学
MEMO

自治体によって、表記が違う場合もありますよ!

✔︎警視庁

人文科学、社会科学、自然科学、一般科目(国語、英語、数学)

 

✔︎神奈川県警

法律、政治、経済、社会一般、日本史、世界史、地理、数学、物理、化学、生物、地学

内容は同じです!

特徴

まともに勉強したら落ちます。

理由がこちら。

  • 試験科目が多い
  • 範囲が広い

1科目の出題数は少ないのですが、試験科目数は、知能科目の3倍ほど。

出題傾向を理解して勉強する必要があるので、計画を立てるようにしましょう。

すべての科目を勉強していると、本番に間に合いませんよ。

関連記事【まとめ】公務員試験の一般知識を勉強するうえで知っておきたいこと

科目③:漢字テスト

注意
一般知識の国語とは違います。

警視庁や大阪府警では、国語試験(漢字テスト)も実施されています。

漢字の読み・書きに関する出題。

警視庁の場合、自分で漢字を書かなければいけないため、誤字に注意しましょう!

また、字が汚すぎもダメですよ。

出題レベルは「漢字検定2級〜準2級」です。

警察官採用試験 大卒と高卒で科目は“基本”同じ

結論からいうと、試験科目は同じです。

唯一、人文科学「国語」だけ、大卒では出題がない場合あり。

出題数や難易度は区分によって変わるため、適度な参考書を使って勉強しましょう。

関連記事【2021年度】公務員試験 おすすめの参考書・過去問題集【1冊でOK】

関連記事【高卒】公務員試験 参考書・過去問題集を紹介【おすすめ】