使わなくなった参考書買取キャンペーン

公務員試験で簡単なのはどこ?倍率を見れば一発でわかります。

公務員試験の倍率一覧

合格の可能性を知るために「倍率」を知っておくことは大切です。

本記事では「国家公務員」「都道府県職員」「警察官」「消防官」「保育職」の倍率を一覧にまとめています。

注意
データは大卒程度です。高卒ではありません。また、国家公務員、都道府県職員は「事務職(行政)」をメインとしています。

「実施結果はどうなっているのか?」

「合格しやすい自治体はどこ?」

こういった疑問を解決できます!対策をはじめるうえで役に立ててください。

なお、試験日程は「【2020年度】公務員試験 日程一覧~併願を考えよう!」、勉強の仕方は「公務員 教養試験の勉強法を解説!|無駄を省くことが大切です。」を参考にしてみてください。

【最新】国家公務員の倍率一覧

2019年(令和元年)に実施された国家公務員の倍率を一覧にしています。

国家一般職

区分 受験者 合格者 倍率
行政(北海道) 848 393 2.2
行政(東北) 1275 473 2.7
行政(関東甲信越) 7212 1792 4.0
行政(東海北陸) 2177 770 2.8
行政(近畿) 2624 641 4.1
行政(中国) 1235 486 2.5
行政(四国) 843 231 3.6
行政(九州) 2225 689 3.2
行政(沖縄) 600 200 3.0
電気・電子 329 213 1.5
機械 203 135 1.5
土木 1115 622 1.8
建築 162 89 1.8
物理 230 156 1.5
化学 373 176 2.1
農学 609 234 2.6
農林工学 208 116 1.8
林学 321 189 1.7

国家一般職で役立つ記事

国家一般職の基礎能力試験国家一般職 基礎能力試験で落ちる勉強法【具体的な解決策あり】 国家一般職の専門試験国家一般職 専門試験は難しくない?勉強法を解説します。

裁判所職員

区分 受験者 合格者 倍率
総合職(院卒) 104 10 10.4
総合職(大卒) 376 7 53.7
一般職(大卒) 8848 1255 7.1
家庭裁判所調査官(院卒) 110 16 6.9
家庭裁判所調査官(大卒) 387 47 8.2

裁判所職員で役立つ記事

裁判所事務官 倍率高い裁判所職員 難易度は高い?情報まとめ kisonouryoku裁判所職員 基礎能力試験の勉強法|傾向を知ることが重要

国税専門官

区分 受験者 合格者 倍率
国税専門官 10490 3514 3.0

国税専門官で役立つ記事

国税専門官の倍率国税専門官 倍率5倍を切り難易度ひくい?|試験情報まとめ 国税専門官の基礎能力国税専門官 基礎能力試験は難しくない?勉強法を解説します。

財務専門官

区分 受験者 合格者 倍率
財務専門官 1721 526 3.3

財務専門官で役立つ記事

財務専門官 基礎能力試験の勉強法【勉強法】財務専門官 基礎能力試験は50点あればいい?その理由とは。 【質問公開】財務専門官の個人面接が苦手な人が読むべき|傾向を解説

労働基準監督官

区分 受験者 合格者 倍率
労働基準監督官A 1560 379 4.1
労働基準監督官B 546 194 2.8

皇宮護衛官

区分 受験者 合格者 倍率
皇宮護衛官 633 36 17.6

食品衛生監視員

区分 受験者 合格者 倍率
食品衛生監視員 282 134 2.1

法務省専門職員

区分 受験者 合格者 倍率
矯正心理A 97 35 2.8
矯正心理B 146 55 2.7
法務教官A 756 148 5.1
法務教官B 250 80 3.1
保護観察官 222 79 2.8

国立国会図書館

区分 受験者 合格者 倍率
総合職 339 4 84.8
一般職 638 7 91.1

2018年より前の倍率を知りたい方は「【最新】国家公務員の倍率一覧~受かりやすい試験はどれ?」参考にしてみてください。

【最新】都道府県職員の倍率一覧

自治体 職種 受験者 合格者 倍率
北海道 一般行政A(第1回) 1367 296 4.6
教育行政A(第1回) 150 51 2.9
警察行政A(第1回) 175 57 3.1
一般行政A(第2回) 365 66 5.5
教育行政A(第2回) 20 7 2.9
警察行政A(第2回) 24 1 24.0
公立小中学校事務A 134 59 2.3
青森県 行政 225 64 3.5
警察行政 18 3 6.0
岩手県 Ⅰ種・一般行政A 236 70 3.4
宮城県 行政 415 65 6.4
秋田県 行政A 256 39 6.6
教育行政 21 5 4.2
警察事務 16 2 8.0
山形県 行政 319 70 4.6
警察行政 45 4 11.3
福島県 行政事務 432 119 3.6
警察事務 16 5 3.2
茨城県 事務(知事部局等) 487 84 5.8
事務(警察本部) 48 8 6.0
栃木県 行政(特別枠) 887 20 44.4
行政 327 62 5.3
警察行政 38 9 4.2
小中学校事務 115 15 7.7
群馬県 行政事務 461 80 5.8
埼玉県 一般行政 1251 241 5.2
小・中学校事務 166 24 6.9
警察事務 135 39 3.5
千葉県 一般行政A 715 110 6.5
東京都 Ⅰ類A(事務) 756 87 8.7
Ⅰ類B(行政)(一般方式) 2276 403 5.6
Ⅰ類B(行政)(新方式) 806 123 6.6
神奈川県 Ⅰ種・行政 757 187 4.0
小中学校等事務Ⅰ種 52 6 8.7
警察事務Ⅰ種 156 31 5.0
新潟県 一般行政 328 69 4.8
警察行政 21 4 5.3
福祉行政 46 11 4.2
富山県 総合行政 244 60 4.1
警察事務 28 7 4.0
石川県 行政 194 53 3.7
福井県 Ⅰ種・行政 174 54 3.2
Ⅰ種・警察事務 77 12 6.4
山梨県 行政Ⅰ 367 52 7.1
行政Ⅱ 8 2 4.0
警察行政 35 8 4.4
長野県 行政B 367 31 11.8
警察行政職員(行政) 60 7 8.6
行政A 325 49 6.6
岐阜県 行政Ⅰ 232 80 2.9
行政Ⅱ 28 4 7.0
警察行政 31 12 2.6
市町村立小中学校等事務 52 24 2.2
静岡県 行政Ⅰ 316 106 3.0
行政Ⅱ 203 45 4.5
小中学校事務 37 10 3.7
警察行政 61 14 4.4
愛知県 行政Ⅰ 688 208 3.3
行政Ⅱ 277 50 5.5
行政Ⅰ(警察職員) 73 10 7.3
行政Ⅱ(警察職員) 90 5 18.0
三重県 行政Ⅰ 247 63 3.9
行政Ⅱ 68 13 5.2
行政Ⅲ 6 1 6.0
滋賀県 行政(専門試験型) 305 71 4.3
行政(アピール試験型) 92 18 5.1
警察事務 28 5 5.6
京都府 行政ⅠA 336 97 3.5
行政ⅠB 77 5 15.4
行政ⅠA(10月採用) 21 5 4.2
行政Ⅱ 95 3 31.7
学校事務A 111 25 4.4
警察事務A 125 26 4.8
大阪府 行政(22-25) 1018 174 5.9
警察行政 133 16 8.3
兵庫県 一般事務 510 106 4.8
警察事務 48 19 2.5
教育事務 66 28 2.4
小中学校事務 57 28 2.0
奈良県 行政A 245 69 3.6
行政B 61 10 6.1
警察行政 27 7 3.9
和歌山県 一般行政(通常枠) 321 74 4.3
一般行政(特別枠) 19 5 3.8
警察事務 25 5 5.0
鳥取県 事務(一般コース) 108 29 3.7
事務(総合分野コース) 22 8 2.8
事務(キャリア総合コース) 84 20 4.2
警察行政 7 2 3.5
島根県 行政 122 49 2.5
警察事務 15 4 3.8
岡山県 行政(アピール型) 292 9 32.4
行政 312 70 4.5
警察行政 109 10 10.9
広島県 行政(一般事務A) 352 113 3.1
行政(一般事務B) 91 26 3.5
行政(小中学校事務) 33 10 3.3
行政(警察事務) 33 5 6.6
山口県 行政 197 75 2.6
警察行政 17 6 2.8
徳島県 行政事務 408 66 6.2
学校事務 86 14 6.1
警察事務 34 9 3.8
香川県 一般行政事務 298 69 4.3
学校事務 32 10 3.2
警察行政事務 41 8 5.1
愛媛県 行政事務A 391 76 5.1
行政事務B 142 10 14.2
学校事務 62 21 3.0
警察事務 66 14 4.7
高知県 行政 220 44 5.0
警察事務 15 4 3.8
学校事務 24 11 2.2
福岡県 Ⅰ類・行政 450 45 10.0
Ⅰ類・教育行政 211 33 6.4
Ⅰ類・警察行政 94 17 5.5
佐賀県 行政特別枠 705 34 20.7
教育行政特別枠 189 15 12.6
行政 175 29 6.0
教育行政 85 20 4.3
警察事務 21 5 4.2
長崎県 行政 143 22 6.5
行政(特別枠) 42 10 4.2
教育事務 97 35 2.8
警察事務 38 14 2.7
熊本県 行政 357 75 4.8
警察行政 33 5 6.6
教育行政 76 17 4.5
大分県 行政 311 86 3.6
教育事務 52 13 4.0
警察事務 45 11 4.1
宮崎県 一般行政 239 70 3.4
警察事務 16 6 2.7
鹿児島県 行政(特別枠) 241 30 8.0
行政 277 65 4.3
警察事務 28 7 4.0
沖縄県 行政Ⅰ 795 79 10.1
警察事務 77 7 11.0

2018年より前の倍率を知りたい方は「【最新】都道府県職員 倍率一覧~ランキング形式で紹介」参考にしてみてください。

【最新】警察官の倍率一覧

2019年(令和元年度)のデータをまとめています。

男性警察官

自治体 区分 受験者 合格者 倍率
北海道 警察官A【第1回】 781 211 3.7
警察官A【第2回】 249 37 6.7
青森県 警察官A 134 29 4.6
岩手県 警察官A 157 41 3.8
宮城県 警察官A【第1回】 310 81 3.8
警察官A【第2回】 114 9 12.7
秋田県 警察官A 111 31 3.6
山形県 警察官A 180 35 5.1
福島県 警察官A【第1回】 134 44 3.0
警察官A【第2回】 65 10 6.5
茨城県 警察官A【第1回】 299 110 2.7
警察官A【第2回】 109 24 4.5
栃木県 警察官A【第1回】 174 57 3.1
警察官A【第2回】 43 5 5.6
群馬県 警察官A【第1回】 259 52 5.0
警察官A【第2回】 101 9 11.2
埼玉県 警察官A【第1回】 1137 152 7.5
警察官A【第2回】 294 51 5.8
千葉県 警察官A【第1回】 969 251 3.9
警察官A【第2回】 182 12 15.2
神奈川県 警察官A【第1回】 1139 320 3.6
警察官A【第2回】 431 80 5.4
山梨県 警察官A【第1回】 152 34 4.5
警察官A【第2回】 48 8 6.0
新潟県 警察官A【第1回】 224 60 3.7
警察官A【第2回】 39 6 6.5
長野県 警察官(A)【第1回】 282 75 3.8
警察官(A)【第2回】 106 15 7.1
富山県 警察官A 137 44 3.1
石川県 警察官A 127 40 3.2
静岡県 警察官A 188 62 3.0
岐阜県 警察官A【第1回】 31 2 15.5
警察官A【第2回】 234 67 3.5
愛知県 警察官A 811 234 3.5
三重県 警察官A【第1回】 164 48 3.4
警察官A【第2回】 48 8 6.0
滋賀県 警察官A【第1回】 231 45 5.1
警察官A【第2回】 50 8 6.3
京都府 警察官A【第1回】 344 77 4.5
警察官A【第2回】 173 26 6.7
大阪府 警察官A 3568 275 6.8
兵庫県 警察官A 696 189 3.7
奈良県 警察官A 200 39 5.1
和歌山県 警察官A 105 24 4.4
鳥取県 警察官A【第1回】 46 12 3.8
警察官A【第2回】 11 1 11.0
島根県 警察官A【第1回】 80 27 3.0
警察官A【第2回】 38 8 4.8
岡山県 警察官A【第1回】 174 81 2.1
警察官A【第2回】 67 20 3.4
広島県 警察官A【第1回】 400 105 3.8
警察官A【第2回】 123 18 6.8
山口県 警察官A【第1回】 197 62 3.2
警察官A【第2回】 54 17 3.2
徳島県 警察官A 115 42 2.7
香川県 警察官A 183 33 5.5
愛媛県 警察官A 201 87 2.3
高知県 警察官A 188 40 4.7
福岡県 警察官A 786 164 4.8
佐賀県 警察官A 122 33 3.7
長崎県 警察官A【第1回】 187 47 4.0
警察官A【第2回】 25 3 8.3
熊本県 警察官A 258 46 5.6
大分県 警察官A 283 43 6.6
宮崎県 警察官A 118 54 2.2
鹿児島県 警察官A 163 54 3.0
沖縄県 警察官A 280 35 8.0

2018年より前の倍率を知りたい方は「【最新】警察官採用試験 倍率ランキング~都道府県別一覧あり」参考にしてみてください。

女性警察官

自治体 区分 受験者 合格者 倍率
北海道 警察官A【第1回】 271 80 3.4
警察官A【第2回】 87 17 5.1
青森県 警察官A 26 7 3.7
岩手県 警察官A 32 10 3.2
宮城県 警察官A【第1回】 79 10 7.9
警察官A【第2回】 27 3 9.0
秋田県 警察官A 17 8 2.1
山形県 警察官A 43 9 4.8
福島県 警察官A【第1回】 43 12 3.6
警察官A【第2回】 11 3 3.7
茨城県 警察官A【第1回】 103 27 3.8
警察官A【第2回】 26 1 26.0
栃木県 警察官A 48 15 3.2
群馬県 警察官A【第1回】 61 12 5.1
警察官A【第2回】 24 2 12.0
埼玉県 警察官A【第1回】 336 33 10.2
警察官A【第2回】 89 30 3.0
千葉県 警察官A【第1回】 197 50 3.9
警察官A【第2回】 37 7 5.3
神奈川県 警察官A【第1回】 340 57 6.0
警察官A【第2回】 135 27 5.0
山梨県 警察官A【第1回】 45 7 6.4
警察官A【第2回】 11 3 3.7
新潟県 警察官A【第1回】 45 9 5.0
警察官A【第2回】 9 1 9.0
長野県 警察官A【第1回】 71 16 4.4
警察官A【第2回】 30 6 5.0
富山県 警察官A【第1回】 38 15 2.5
警察官A【第2回】 8 2 4.0
石川県 警察官A 33 7 4.7
福井県 警察官A 53 20 2.7
静岡県 警察官A【第1回】 104 18 5.8
警察官A【第2回】 24 2 12.0
岐阜県 警察官A【第1回】 70 19 3.7
警察官A【第2回】 16 5 3.2
愛知県 警察官A【第1回】 258 36 7.2
警察官A【第2回】 76 18 4.2
三重県 警察官A【第1回】 56 7 8.0
警察官A【第2回】 11 5 2.2
滋賀県 警察官A【第1回】 70 11 6.4
警察官A【第2回】 14 3 4.7
京都府 警察官A【第1回】 93 34 2.7
警察官A【第2回】 45 13 3.5
大阪府 警察官A【第1回】 894 52 10.0
警察官A【第2回】 546 36 15.2
兵庫県 警察官A【第1回】 176 35 5.0
警察官A【第2回】 84 13 6.5
奈良県 警察官A【第1回】 41 8 5.1
警察官A【第2回】 13 5 2.6
和歌山県 警察官A【第1回】 20 9 2.2
警察官A【第2回】 7 2 3.5
鳥取県 警察官A【第1回】 11 5 2.2
警察官A【第2回】 0
島根県 警察官A【第1回】 19 6 3.2
警察官A【第2回】 15 4 3.8
岡山県 警察官A【第1回】 51 16 3.2
警察官A【第2回】 20 3 6.7
広島県 警察官A【第1回】 132 20 6.6
警察官A【第2回】 34 6 5.7
山口県 警察官A【第1回】 70 14 5.0
警察官A【第2回】 16 4 4.0
徳島県 警察官A 35 15 2.3
香川県 警察官A 37 6 6.2
愛媛県 警察官A 57 24 2.4
高知県 警察官A 11
福岡県 警察官A【第1回】 219 38 5.8
警察官A【第2回】 73 16 4.6
佐賀県 警察官A 39 5 7.8
長崎県 警察官A【第1回】 45 12 3.8
警察官A【第2回】 13 5 2.6
熊本県 警察官A 76 15 5.1
大分県 警察官A 61 13 4.7
宮崎県 警察官A 20 10 2.0
鹿児島県 警察官A 41 21 2.0
沖縄県 警察官A 58 13 4.5

2018年より前の倍率を知りたい方は「【最新】警察官採用試験 倍率ランキング~都道府県別一覧あり」参考にしてみてください。

【最新】消防官の倍率一覧

2019年(令和元年度)のデータをまとめています。

自治体名 職種名 受験者 合格者 倍率
札幌市 消防官 117 38 3.1
仙台市 消防官 168 23 7.3
さいたま市 消防官 231 24 9.6
さいたま市 救急救命士 68 11 6.2
千葉市 消防官 166 14 11.9
東京消防庁 消防官(1回目) 3861 441 8.8
横浜市 消防官(一般) 581 110 5.3
横浜市 消防官(専門) 2 1 2.0
横浜市 救急救命士 160 55 2.9
川崎市 消防官 216 31 7.0
相模原市 消防官 153 35 4.4
新潟市 消防官A 67 19 3.5
新潟市 消防官A(早期採用) 67 19 3.5
新潟市 消防官B(早期採用) 23 8 2.9
静岡市 消防官 105 18 5.8
浜松市 消防官 33 4 8.3
名古屋市 消防官 285 35 8.1
京都市 消防官 166 17 9.8
京都市 消防官(早期採用) 108 15 7.2
大阪市 消防官(男) 345 51 6.8
大阪市 消防官(女) 18 6 3.0
大阪市 消防官(男)早期採用 230 46 5.0
大阪市 消防官(女)早期採用 10 4 2.5
堺市 消防官(早期採用) 64 4 16.0
堺市 消防官 54 8 6.8
岡山市 消防官 12
広島市 消防官 59 5 11.8
福岡市 消防官 261 22 11.9
北九州市 消防官 136 14 9.7
熊本市 消防官 107 10 10.7

2018年より前の倍率を知りたい方は「【最新】消防官採用試験 倍率一覧~合格しやすい市TOP3はここだ!」参考にしてみてください。

【最新】保育士公務員試験の倍率一覧

2019年(令和元年度)の倍率一覧です。

自治体 職種 受験者 合格者 倍率
札幌市 保育士 77 32 2.4
仙台市 保育士 107 37 2.9
さいたま市 保育士 238 87 2.7
千葉市 保育士 177 52 3.4
保育士【民間経験者】 26 8 3.3
横浜市 保育士 154 63 2.4
川崎市 保育士 36 6 6.0
相模原市 保育士 98 35 2.8
新潟市 保育士A 80 20 4.0
保育士B 90 10 9.0
静岡市 保育士 69 30 2.3
保育士【民間経験者】 43 16 2.7
名古屋市 保育Ⅰ 147 83 1.8
保育Ⅱ 10 6 1.7
保育Ⅰ(職務経験者) 13 5 2.6
保育Ⅱ(職務経験者) 3 1 3.0
京都市 保育士 46 12 3.8
大阪市 保育士A 135 38 3.6
大阪市 保育士B 189 59 3.2
堺市 保育士 132 24 5.5
岡山市 保育士 124 33 3.8
広島市 保育士 195 41 4.8
福岡市 保育士 41 11 3.7
北九州市 保育士 44 30 1.5
熊本市 保育士 40 6 6.7

早めに対策を!

公務員試験の倍率は低下傾向です。

しかし、自治体によって差は違っているため、合格するには早めに対策をしないといけません。

自治体によっては、試験内容の簡易化や面接だけで受験できる制度を整えています。随時、情報に敏感になっておくことも大切ですよ。