使わなくなった参考書買取キャンペーン

【書き方】公務員試験 論文の勉強3ステップ

公務員試験 論文試験の書き方

悩んでいる人

公務員試験を受けるけど、論文は、どうやって勉強したらいいの?書けるようになりたいです。

このような悩みに回答します。

本記事では、「論文の勉強3ステップ」という内容で書いていきます!

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

結論を先に示すと下記です。

「型を知る」→「書く」→「フィードバックをもらう」

この記事で解説する「勉強3ステップ」を理解することで、論文の勉強法がわかるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事公務員試験 論文添削が必要な3つの理由【安く受ける方法あり】

【書き方】公務員試験 論文の勉強法3ステップ

公務員試験 論文の書き方

  • 模範解答の読み込み
  • 書く
  • 第三者に見てもらう

順番に見ていきましょう。

ステップ①:模範解答の模写

模範解答を模写する(書き写す)ことからはじめましょう。

なぜなら、「書き方」を知るためです。

  • 文章の構成
  • 論旨のポイント
  • 時間感覚

こういった知識がないと、論文で点数を伸ばすことはできませんよ。

まずは、「型」の知識をインプットしましょう。

おすすめの参考書は「よくわかる公務員試験【初級】のための論作文術」。

「論文の書き方」を知るのに最適な1冊ですよ。

ステップ②:書く練習をする

「型」を意識して、書いてみましょう!

理由は、「知識がある」のと、「書ける」のは次元が違うからです。

例えば、経営の知識があったら、いきなり会社を経営して成功できると思いますか?

できないですよね。

練習をせずに、正しい文章が書けることはありませんよ。

しっかり、書く練習をしましょう。

ステップ③:評価を受ける

書いた論文は、見せて評価をもらいましょう。

なぜなら、何が良くて、何が悪いのかを知るためです。

江本

「これをああするといいですよ!」
え?どういうこと?

悩んでいる人

って、思いませんでしたか。

自分では説明できているつもりでも、実はできていない」ことは多いですよ。

これに気付くためには、第三者の意見を聞くことがポイント!

関連記事公務員試験 論文添削が必要な3つの理由【安く受ける方法あり】

公務員試験 論文を書くときの注意点3つ

公務員試験 論文の注意点

  • 文字数が極端に少ない
  • 答案用紙がめちゃくちゃ
  • 記入不備

1つずつ見ましょう!

注意点①:文字数は9割前後を埋める

文字数の目安は9割前後です。

少ない場合、減点や評価されない可能性もありますよ!

悩んでいる人

文字数の指定がない場合は?
  • 50分~60分:800字
  • 80分~90分:1,000字
  • 120分:1,300字

試験時間によって、決めましょう。

このくらい書いておけば、問題ないかと。

注意点②:答案用紙の使い方がヒドイ

  • 「字が汚い」
  • 「明らかに読めない」
  • 「消しゴムで消して、用紙がグシャ」

せっかく内容が良くても、読めなければ評価できません。

丁寧に書く練習をしましょう。

注意点③:記入漏れ

受験番号や氏名は必ず書きましょう。

試験官が指摘してくれず、回収されると落ちますよ。

初歩的なミスで落ちるのは、損ですよね。

試験が始まったら書く習慣をつけておきましょう。

関連記事公務員試験 論文で知っておくべき3つのルール【NGパターンあり】

公務員試験 論文の書き方でおすすめの参考書

公務員試験 論文の参考書

数ある参考書の中から、使うべき2冊を紹介します!

特徴は下記のとおり。

おすすめ①:よくわかる!公務員試験【初級】のための論作文術

土屋書店が出している「よくわかる公務員試験【初級】のための論作文術」です。

「論文の書き方」を知るのに最適な1冊ですよ。

初級(高卒)が対象ですが、「文章の作り方」を詳しく解説しているので、試験区分に関係なくおすすめ!

おすすめ②:絶対決める!実戦添削例から学ぶ公務員試験論文・作文

新星出版社が出している「絶対決める!実戦添削例から学ぶ公務員試験論文・作文」です。

  • 「良い答案」
  • 「悪い答案」

事例をもとに、ポイントを解説しています。

文章構成に関する説明は少ないため、よくわかるで勉強した後に使うといいでしょう。

公務員試験 論文の勉強法まとめ

本記事では「論文の勉強法」をまとめていました。

論文を書けるようになるには、「手を動かす」ことが重要です。

悩んでいる人

解答例を読み込むだけでいいって聞いたけど。

それができる人は一部の人だけです。

書けないあなたが鵜呑みにしても落ちるだけですよ。

論文は、楽に評価がもらえる試験ではありません。

まずは、型を理解していきましょうね。

関連記事公務員試験 論文添削が必要な3つの理由【安く受ける方法あり】