使わなくなった参考書買取キャンペーン

埼玉県警察官採用試験 教養の勉強法|2つのメソッドで楽々合格点をとる

悩んでいる人

埼玉県警を目指しています。勉強が苦手なんだけど、どこからやればいいの?

こういった悩みを解決します。

先日、下記ツイートをしました。

公務員試験の勉強を始めるときに意識すること、

・「いつからやるのか」
・「何点取ればいいのか」
・「どの分野がよく出てるのか」
・「どの科目から勉強したらいいのか」
・「参考書や問題集をどう使えばいいのか」

これを分かって勉強することが大切であり、合格への最短ルートです!

こういった勉強の仕方って、大学やネットではなかなか手に入らないじゃないですか。

何も知らずに、参考書を買って闇雲に無駄な勉強をして、結果的に不合格って損ですよね。

本記事では勉強をするうえで絶対に抑えておいたら楽になるポイントをまとめています。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

勉強が苦手な人は役に立つと思いますよ!

関連記事埼玉県警察官採用試験A 倍率は上昇傾向!攻略ガイドマップ

埼玉県警察官採用試験 教養の傾向

埼玉県警察官 教養試験の傾向

ここでは教養試験の時間であったり、試験科目なども基礎的な情報をまとめています。

サクッと把握しておけばOK👌

試験科目

試験科目は「知能科目」と「知識科目」に分類されます。

それぞれの科目は次のとおり。

一般知能

  • 数的推理
  • 判断推理
  • 資料解釈
  • 文章理解

計算問題やパズル、現代文・英文の読解問題などが出題されます。

苦手な受験者が多いため、攻略が必須です。科目の特徴を「【まとめ】公務員試験で捨てたら不合格!一般知能の重要性を解説します。」で解説しています。

一般知識

  • 社会科学
  • 人文科学
  • 自然科学

日本史や数学といった今までに学習してきた科目です。

とにかく科目数が多いため、傾向を知って勉強する必要があります。科目の特徴を「【まとめ】公務員試験の一般知識を勉強するうえで知っておきたいこと」で解説しています。

👉 公務員試験は科目数が多いため、全科目をカバーすることは不可能に近いです。効果的に勉強することがポイント!

試験時間

  • 試験時間:120分
  • 問題数:50問

単純計算で1問あたり2分30秒で解かないと時間切れになってしまうため注意が必要です。

勉強する段階から、時間を意識しておくことが大切。

合格点(ボーダー)

合格点は公開されていません。

しかし、報告を受けたデータを分析する感じ、50点~55点あたりが多いです。

なので、60点を目安に取れるようにしましょう!

80点とかなら激ムズだけど、60点なら傾向通り勉強すれば取れますよ。

埼玉県警察官採用試験 教養の過去問

埼玉県警察官 教養試験の過去問

注意

埼玉県警の過去問は非公開です。

国家公務員や東京都の試験を除いて、基本的に試験問題は当日に回収されます。

つまり、完璧な過去問は存在しません。

しかし、サイトを通じて提供してもらったデータをまとめているので、参考にどうぞ!

何となくイメージはつかめるかと。

2020年(令和2年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

なお、過去6年分(2020年~2015年)までの、出題範囲を「埼玉県警 教養試験の頻出分野をリスト化!勉強の負担を減らせます。」でまとめています。

有益な情報ですので、ぜひ、活用してください。

一般的に入手が難しいデータなので、勉強が苦手なあなたにおすすめですよ!

CHECK NOW

埼玉県警の出題範囲データを見る

埼玉県警察官採用試験 教養の勉強法

埼玉県警察官 教養試験の勉強法

こういったツイートをしています。

公務員試験の勉強で大切なことは「出る科目 ・分野」を徹底してつぶすこと!落ちる人、勉強ができない人に限って「すべての科目、範囲をカバーしがち」です。効率の良い人が合格する試験です、無駄を排除して勉強しましょう!

これを実現するためには、次の2つを意識することが大切です。

  1. 出題数の把握
  2. 頻出分野の把握

順に見ていきましょう。

その①:出題数の把握

結論からいうと、「判断推理」「数的推理」「社会科学」を優先して勉強しましょう!

理由は簡単でして、出題数が多いからです。その割合は50%ほど。

過去3年分の出題数をデータにしているので、見ていってください!

分野 科目 2020 2019 2018



数的推理 6 5 5
判断推理 9 10 9
資料解釈 2 2 2
現代文 3 3 3
英文 5 5 5
古文 1



政治 4 4 4
経済 3 3 3
社会 3 3 3
倫理 1
日本史 2 2 2
世界史 3 3 2
地理 3 3 2
文芸 1
数学 1 1 1
物理 1 1 1
化学 2 2 2
生物 2 2 2
地学 1 1 1

他の科目を勉強しなくても、「一般知能」と「社会科学」に絞って勉強するだけで7割分の範囲をカバーできるわけです。

その②:頻出分野の把握

例えば、判断推理は全18分野あるわけですが、どこから勉強しますか?

結論をいうと、4分野だけでOK。

具体的な根拠がこちら。

kanagawa-kakomon

これは、過去6年間の出題分野を一覧にしたデータです。

  • 順序関係
  • 対応関係
  • 位置関係
  • 軌跡

この4分野が頻出ですね。

他の分野を勉強するよりも、確実に出題されるため勉強する価値があります。

仮に、勉強する時間がなくても、最低この4分野を勉強しておけばOK。

他の科目についても「埼玉県警 教養試験の頻出分野をリスト化!勉強の負担を減らせます。」にまとめています。

教養試験で最も重要なことは「効率よく勉強をする」ことです。

教養試験のほかにも対策しなくちゃいけないことってたくさんありますよね。

だからこそ時間は有効活用してくださいね。

CHECK NOW

埼玉県警の出題範囲データを見る

対策③:使える教材を選ぼう

あとは、使用する教材も意識しましょう。

  • 参考書
  • 問題集

種類はたくさんありますよ!

おすすめの教材を「【2021年度】公務員試験 おすすめの参考書・過去問題集【1冊でOK】」で公開しています。

悩んでいる人は、参考にしてみてくださいね。

埼玉県警察官採用試験 教養試験まとめ

埼玉県警察官採用の筆記試験「教養試験」の内容をまとめていました。

出題傾向や勉強の仕方を知るだけで、確実に勉強ができるようになります。

闇雲に勉強するより、圧倒的に合格に近づきますよ。

あとは学習計画を立てて行動するだけですよ。

頑張って得点を取れるように準備しましょう!.

CHECK NOW

埼玉県警の出題範囲データを見る