使わなくなった参考書買取キャンペーン

東京消防庁1類 体力検査の内容|回数以外に大切なこととは。

消防庁の体力試験をまとめています。

相談者

二次試験に体力検査ってあるけど、何をするの?基準とか知りたいな。

体力には自信がありますか?

恐らく多くの方は「当然だろ!」って思ったのではないでしょうか。

消防官の仕事上、体力は必須スキルといっていいでしょう。

しかし、体力試験の項目は多いため、すべての項目でベストを出す必要があります。

まずは本記事を参考に、試験項目、基準回数の確認などを行いましょう。

本記事は東京消防庁Ⅰ類の体力試験についての記事です。

ちなみに、この記事を書いている僕(江本)は大学のキャリア支援課で公務員の指導をして6年目。その経験から記事を書いています。

江本

東京消防庁1類 体力試験の内容

東京消防庁で実施される体力試験の項目は次のとおり。

  • 握力検査
  • 上体起こし
  • 腕立て伏せ
  • 長座体前屈
  • 反復横跳び
  • 立ち幅跳び
  • 5分間走
  • 閉眼片足立ち

東京消防庁1類 握力検査

下記のような器具を使って測定。


身体測定時に左右の握力を1回ずつ測定します。

測定方法にもルールがあるので、ただ握力が強いだけではダメです。

使い方や測定方法を把握しておきましょう。

参考 正確な握力の測定方法健康長寿ネット [the_ad id=”512″] [the_ad id=”513″]

東京消防庁1類 上体起こし

簡単にいえば腹筋です。

寝た状態で両腕を前にクロスし30秒間行います。

上体起こしの特訓をするときに腰を痛めないように注意しましょう。

[the_ad id=”514″]

東京消防庁1類 長座体前屈

簡単にいえば体の柔らかさを検査します。

検査は2回おこなわれ、ベストなほうが記録となります。

東京消防庁1類 反復横跳び

20秒間で左右にステップする試験。

ただステップするだけでなく、ルールがあるので確認しておきましょう。

参考 反復横とび体力検査

 

東京消防庁1類 立ち幅跳び

立った状態から前方にジャンプして、その距離を測定する試験。

試験は2回行われ、ベストな方が記録になります。

 

東京消防庁1類 5分間走

グループで5分間走り続ける試験

ポイントはグループで走ること

自分のペースでなく、グループで一定の距離を保ちながら走る試験なので体力のほかに評価されるポイントがたくさんありますね。

普段から走って鍛えることはもちろん、動きやすいシューズを選ぶことも大切です。

東京消防庁1類 閉眼片足立ち

両目をつぶった状態で片足立ちをして、体幹を評価します。

左右30秒ずつ実施。

東京消防庁1類 腕立て伏せ

合図に合わせて腕立て伏せをします。

1回2~3秒の感覚で行い、最後は20秒ほどキープします。

自分のペースでやるのではなく、合図にそって全員でやることに注意が必要!

東京消防庁1類 体力検査の基準

長距離走 5分
反復横跳び 30秒
上体起こし 30秒
立ち幅跳び 2回
長座体前屈 2回
握力 左右1回
腕立て伏せ 15回

東京消防庁1類 体力試験の点数

体力検査の評価基準は文部科学省が調査し、報告する「新体力テスト」のデータを基準としています。

その新体力テストをもとにして、各消防で目安を決めています。少し古いデータですが、消防庁の得点は以下の通り。

男性

得点 握力 上体
起こし
長座
体前屈
反復
横跳び
立ち
幅跳び
シャトラン
10 66~ 46~ 72~ 70~ 283~ 140~
9 63~ 44~ 68~ 67~ 273~ 131~
8 60~ 41~ 64~ 65~ 263~ 121~
7 56~ 39~ 60~ 62~ 253~ 112~
6 53~ 36~ 56~ 59~ 243~ 103~
5 50~ 34~ 53~ 56~ 233~ 94~
4 46~ 31~ 49~ 53~ 223~ 85~
3 43~ 28~ 45~ 51~ 213~ 76~
2 40~ 36~ 41~ 48~ 203~ 66~
1 ~39 ~25 ~41 ~48 ~202 ~65

女性

得点 握力 上体
起こし
長座
体前屈
反復
横跳び
立ち
幅跳び
シャトラン
10 41~ 35~ 71~ 61~ 216~ 90~
9 38~ 33~ 68~ 58~ 208~ 80~
8 37 30~ 65~ 56~ 200~ 74~
7 35~ 29 61~ 54~ 193~ 67~
6 33~ 26~ 57~ 52~ 184~ 60~
5 30~ 23~ 56 50~ 173~ 57~
4 28~ 19~ 53~ 48~ 162~ 51~
3 26~ 12~ 52~ 44~ 153~ 47~
2 25 3~ 49~ 41~ 145~ 44~
1 ~24 ~2 ~48 ~40 ~144 ~43

東京消防庁1類 体力試験で気を付けること

体力試験は試験以外でも評価されていることを意識してください。

準備運動

体力試験を実施する前に集団で準備運動をします。

準備運動は試験項目ではありませんが、試験官は何人も見ています

なぜでしょうか?

それは、準備運動中の態度や仕草を見て、チェックしているからだと思いますよ。

いい加減に準備運動をしないように注意しましょう。

表情

苦しい表情やニヤニヤしながら試験を受けることはやめましょう。

体力試験は最低限出来なければいけない内容です。

それを苦しそうにやっていたらどうでしょうか。

試験官

厳しくて、きつい消防学校でやっていけるのだろうか・・・

って思われるかもしれませんよ。

それで評価を落とすのは損です。

試験中に掛け声を出すことがあるかもしれません。

絶好のアピール部分です。

自ら声を出していきましょう。

面接試験でも体力試験のことは質問されているため気を抜かないようにしましょう。

東京消防庁1類 体力試験のまとめ

本記事は東京消防庁Ⅰ類の体力試験をまとめていました。

体力に自信があることは、すごくアピールできます。

でも、回数も重要ですが、「正確にできるのか」というところも見られています。

腕立て伏せも「なんとなくできる」ではなく、フォームを含めて完璧にできるように準備しておきましょう。

tosyo-2東京消防庁消防官採用1類 教養試験の勉強法|合格点を取る3ポイント 消防庁1類 論文の書き方東京消防庁採用試験1類 論文の過去問|書き方3ステップを解説 東京消防庁1類 個人面接の過去問|対策に必要な2つの方法