使わなくなった参考書買取キャンペーン

東京消防庁1類 個人面接の過去問|対策に必要な2つの方法

大学生

消防庁の面接って、何が聞かれますか?どうやって対策したらいいのか知りたいです。

こういった悩みを解決します!

MEMO

本記事の内容はⅠ類(大卒)です。

 

Ⅲ類(高校卒)を受験する人は「【高卒】東京消防庁3類 平均倍率15倍超えに合格するロードマップ」をご覧ください。

結論をいうと、自分の回答を多く準備しましょう!

話せる内容が多いと、自信を持つことができるからです。

そのために、必要な情報が「過去の質問集」。

敵を知っておけば、対策もしやすいですよね。

実際に、聞かれた内容を公開しています。

それでは、ご覧ください。

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

関連記事東京消防庁採用試験1類 倍率激下がり|合格するための情報まとめ

東京消防庁1類 個人面接の傾向

消防庁1類 面接の傾向

東京消防庁の個人面接は二次試験に実施されます。

  • 面接の回数
  • 試験時間
  • 面接カード
  • 圧迫面接

必要な基礎情報を見ておきましょう。

傾向①:面接の回数

東京消防庁の個人面接は、1人2回あります。

個人面接を2回実施することから、より人間性を重視した選考方針といえますね。

傾向②:試験時間

試験時間は、各20分。

面接官3人から質問される形式です。

傾向③:面接カード

質問は、事前に提出する面接カードに沿って聞かれていますよ。

早めに仕上げておくことがポイントです。

内容は次のとおり。

  • 面接のときにPRしたいことを簡潔に記入してください
  • 職歴はありますか。ある場合は、すべての職歴についてその職種、業務内容、期間など、例にならい記入してください
  • 過去に東京消防庁を受験したことがあれば記入してください
  • 他の官公庁と民間企業との併願状況について記入してください
  • 現在治療中の病気はありますか
  • 現在服用している薬はありますか
  • 消防職など激しい動きのある際、痛みなどがある怪我を記載してください
  • 東京消防庁入庁にあたり不安な点やアレルギーがあれば記入してください
  • 今までに各種法令違反(交通違反を含む)などにより、罰金等の処分又は取り調べを受けたことはありますか。ある場合は、例にならい具体的に記入してください

関連記事公務員試験 面接カードの書き方【5つのポイントを解説!】

傾向④:圧迫面接

消防庁を目指す人

よく「圧迫面接」って聞くけど、どんな面接なの?

圧迫面接とは簡単に言えば、不快な態度、質問などを“わざと”面接官がしてくる面接のことです

例えば、次の質問です。

  • 君は消防官に向いていないと思うけど、どう思う?
  • 消防官より海上保安官に向いていると思うよ

こういった質問をする意図は、受験者の態度やストレス耐性を見るために”わざと”仕掛けているだけです。

間違っても、泣いたり、キレたりしないように注意しましょう。

東京消防庁1類 個人面接の質問内容

消防庁1類 面接の過去問

こういったツイートをしています。

こんな感じで、過去に受験した人たちから提供してもらったデータをまとめています。

有益な情報なので、活用してください!

  • 今日はどこから試験会場に来ましたか。
  • 1回目の面接はどうでしたか。
  • 自己PRをしてください。
  • 志望動機を述べてください。
  • 消防士を目指す理由を述べてください。
  • 東京消防庁のイメージを述べてください。
  • 東京消防庁で気になることは何ですか。
  • 大学での部活動について、何か心掛けていたことはありますか。
  • 自分の性格について、詳しく述べてください。
  • 趣味は今でも続けていますか。

自分なりの回答を準備していきましょう。

あと161個の質問内容を【過去問】東京消防庁Ⅰ類 面接で聞かれた171個の質問内容で公開しています。

CHECK NOW

>>東京消防庁の質問集を見る

東京消防庁1類 個人面接の対策

消防庁1類 面接の対策法

  • 自主練習(トレーニング)
  • 実践練習(試合)

面接を攻略するには、この2つが必要です。

対策①:自主練習(トレーニング)

「自主練習」は質問集などを使って、自分なりの回答を考える作業。

東京消防庁の個人面接は次の5つの項目について8~12個ほど質問されています。

  1. 自信に関すること(自己PRや長所・短所など)
  2. 志望動機(消防官、東京消防を目指す理由など)
  3. 部活、アルバイト関係
  4. 家族・友人関係
  5. 時事

幅広い質問に対応できるようにすることが、個人面接を突破するうえで重要となります。

東京消防庁の個人面接で質問されたリストを【過去問】東京消防庁Ⅰ類 面接で聞かれた171個の質問内容で公開しています。

対策②:実践練習(試合)

個人面接は面接官が評価をつける試験です。

なので、自主練習だけでは突破できません。

  • 「自主練習=トレーニング」
  • 「実戦練習=試合」
  • 「本試験=大会」

こういったイメージですね。

トレーニングだけやっても試合経験がないと大会で勝つことは難しいですよね。

大会までに、どれだけトレーニングと試合をこなすことができるのかが、ポイント!

まずは早めに自主練習(トレーニング)をはじめましょう!

東京消防庁1類 個人面接まとめ

本記事では、東京消防庁1類 個人面接をまとめていました。

  • 面接は2回
  • 時間は20分
  • 面接カード
  • 圧迫面接

こういった傾向があります。

面接を攻略するには、自分の回答を多く準備すること。

そのためには、質問集を読み込んで、回答を作っていくことがポイントです。

【過去問】東京消防庁Ⅰ類 面接で聞かれた171個の質問内容で質問集を公開しています。

上手に使っていきましょう!

CHECK NOW

>>東京消防庁の質問集を見る