使わなくなった参考書買取キャンペーン

東京都職員採用1類 倍率からわかる難易度の低さ|情報まとめ

tokyo_matome

相談者

東京都の職員になりたいです。試験について情報が欲しい。

と、いった相談に返答します。

本記事は「東京都職員採用Ⅰ類」についての概要(日程、試験内容、倍率など)をまとめています。

下記ツイートをしました。

試験で確実に合格するためには正確な情報を手に入れることです。

まずは本記事を参考に概要を知ってください。

▼公務員試験に本気で合格したい方へ▼

公務員試験に本気で合格したい人へ

東京都(庁)職員採用 試験の概要

受験資格や日程、給料など試験を受ける前に知っておくべき情報をまとめています。

東京都(庁)職員採用 年齢制限(受験資格)

2019年(令和元年度)

Ⅰ類A 昭和63年4月2日~平成8年4月1日までに生まれた人
Ⅰ類B(一般) 平成2年4月2日~平成10年4月1日までに生まれた人

東京都(庁)職員採用 募集教科

2019年(令和元年度)

区分 Ⅰ類A Ⅰ類B(一般) Ⅰ類B(新)
事務 75人 290人 100人
土木 23人 64人 7人
建築 5人 5人 2人
機械 9人 18人
電気 14人 18人
環境 10人
林業 5人
畜産 2人
水産 2人
造園 4人
心理 17人
福祉 23人
衛星 10人
栄養士 10人
獣医 7人
薬剤 11人

東京都(庁)職員採用 試験日程

2019年(令和元年度)

  Ⅰ類A Ⅰ類B(一般) Ⅰ類B(新)
受付期間 【Web受付】
4月2日~8日
1次試験 5月12日 5月5日
1次試験
合格発表
6月18日 6月5日 5月31日
2次試験 7月3日、4日の指定された日 6月20日~28日で指定された日 6月14日、17日の指定された日
2次試験
合格発表
6月26日
3次試験 7月8日~10日で指定された日
最終合格 7月17日 7月19日 7月26日

東京都(庁)職員採用 給料(初任給)

2019年(令和元年度)

初任給 220,400円

これをベースとして住居手当や通勤手当が支給されます。

東京都(庁)職員採用 試験内容

試験は筆記試験と面接試験がそれぞれ実施されます。

東京都(庁)職員採用 一次試験

内容 詳細
教養試験 詳細は「東京都職員採用 教養試験の勉強法を徹底解説!」にまとめています。
専門試験 詳細は「東京都職員採用 専門試験の勉強法|過去問から分かる難易度の高さ」にまとめています。
論文試験 詳細は「東京都職員採用 論文は難しい?過去問を見て傾向を把握しよう!」にまとめています。

東京都(庁)職員採用 二次試験

内容 詳細
個人面接 詳細は「東京都職員採用 面接は超重要です!質問内容まとめ」にまとめています。

東京都(庁)職員採用 倍率(実施状況)

2018年(平成30年度)以降の倍率をまとめています。

東京都(庁)職員採用 2019年(令和元年)の倍率

Ⅰ類A Ⅰ類B(一般) Ⅰ類B(新)
事務 8.7倍 5.6倍 6.6倍
土木 1.9倍 2.6倍 1.8倍
建築 7.0倍 6.6倍 3.0倍
機械 3.5倍 2.5倍
電気 2.9倍 2.7倍
環境 8.9倍
林業 6.3倍
畜産 2.3倍
水産 10.3倍
造園 7.8倍
心理 2.4倍
福祉 1.7倍
衛星 5.8倍
栄養士 13.8倍
獣医 3.8倍
薬剤 5.7倍
合計 6.1倍 4.9倍 6.2倍

東京都(庁)職員採用 2018年(平成30年)の倍率

Ⅰ類A Ⅰ類B(一般) Ⅰ類B(新)
事務 8.1倍 6.1倍 7.3倍
土木 3.1倍 3.5倍 3.4倍
建築 5.7倍 3.2倍 3.0倍
機械 3.6倍 2.4倍
電気 3.7倍 3.2倍
環境 7.2倍
林業 10.9倍
畜産 11.5倍
水産 7.3倍
造園 7.0倍
心理 4.5倍
福祉 2.4倍
衛星 4.5倍
栄養士 12.2倍
獣医 3.7倍
薬剤 4.1倍
合計 6.2倍 5.2倍 6.9倍

東京都(庁)職員採用まとめ

  • 受付期間は短い
  • 試験は全国で1番はやい
  • 倍率は6倍前後

試験科目が多いので試験対策に時間がかかります。

計画を立てることが合格するために大切ですよ。