使わなくなった参考書買取キャンペーン

【公務員】横浜市役所 個人面接で質問された内容を徹底解説!

横浜市職員 個人面接の質問内容

横浜の大学生

これから面接対策を始めます。でも、どんな質問が聞かれているのか分からないので対策できません。情報が欲しいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました!

✔︎主な内容

  • 横浜市職員 個人面接の傾向
  • 横浜市職員 個人面接の過去問

面接の情報を知ることができますよ!

記事を書いている僕は国立大学のキャリア支援課で公務員試験の指導をしつつ、このサイトを運営しているという感じです。キャリアは10年目になりました。

“江本”

受験者から教えてもらった、質問内容を公開しつつ、まとめています。

ぜひ参考にして、面接を乗り切りましょう!

関連記事【まとめ】横浜市職員の倍率は低下傾向!合格するチャンス到来

【公務員】横浜市役所 個人面接の傾向

横浜市職員 個人面接の傾向

  • 人物重視
  • 試験時間
  • 面接カード

傾向を解説しています。

傾向①:人物重視

  • 二次試験
  • 三次試験

個人面接は2回実施されていますよ!

また、倍率も筆記より面接の方が高いです。

  • 筆記:77%
  • 面接:30%

筆記試験77%と比べると、面接の難易度が目立ちますね。

それだけ重要視されている証拠でもあるので、力をいれて対策するようにしましょう。

傾向②:試験時間

  • 二次試験 20分
  • 三次試験 30分

一般的な面接が15分なので、ちょい長めですね。

面接官は3人いて、それぞれ質問をしてきますよ。

傾向③:面接カード

面接試験では事前に記入する面接カードの内容から質問されます。

つまり、自分で質問してほしい内容を考えることができるため、時間をかけて考える必要がありますよ。

面接カードで記入する内容は次のとおり。

  • 学歴
  • 職歴
  • 資格・免許等
  • セールスポイント
  • 改善したいところ
  • ゼミ研修課題・得意な科目・得意分野など
  • 趣味・特技
  • 志望理由(200字以内)
  • 今まで力を入れて取り組んできたこと
  • 今まで取り組んだことのうち、成果や達成感を得た経験

面接カードの書き方や注意事項でおすすめの記事を紹介しておきます。

公務員試験 面接カードの書き方【5つのポイントを解説!】

【公務員】横浜市役所 個人面接の過去問

横浜市職員 個人面接の対策

個人面接で質問された内容を紹介します。

  1.  緊張していますか。
  2.  ストレスはどんなときに感じやすいですか。
  3.  横浜市を志望する理由は何ですか。
  4.  なぜ民間企業ではなく公務員を志望したのですか。
  5.  自己PRをしてください。
  6.  横浜市の魅力はどこですか。
  7.  大学で何を学びましたか。
  8.  ゼミで学んだ知識を仕事にどう活かしますか。
  9.  アルバイトで苦労したことを、どうやって乗り越えましたか。
  10.  アルバイトでどのようなときにやりがいを感じましたか。

残り125個を「【過去問】横浜市職員 個人面接で聞かれた135個の質問集」で公開しています。

有益な情報です。

ぜひ活用して面接を突破してくださいね。

CHECK NOW

>>横浜市の面接リストを見る

【公務員】横浜市役所 個人面接まとめ

  • 個人面接は2回実施
  • より人間性を重視する傾向
  • 面接時間は30分と長い
  • 面接カードは丁寧に仕上げる

本記事は横浜市職員採用の個人面接をまとめていました。

今後は面接試験がより重要視されてきます。

筆記試験だけでは合格することは難しいです。

はやめに自己分析をして、対策をはじめましょう。

CHECK NOW

>>横浜市の面接リストを見る